> > 男の本音大調査!「俺たちがガッカリした○○女」後編

おすすめ記事一覧

男の本音大調査!「俺たちがガッカリした○○女」後編

2010/12/21 17:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

前編に引き続き、世の男性をガッカリさせてしまった、罪深き女たちをご紹介いたします!

 

■読めない女

「以前ラブレターをもらったんだけど、クセ字がひどすぎて、所々読めなかったことがあった。「何て読むの?」って聞くのも失礼だと思って、よくわかららないままにしてしまった」(28才・公務員)

男性には少なからず、「女性は字がキレイ」という思い込みがあるようです。逆に、字がキレイな女性は、それだけで、「おっ!」と思うのだそう。ノートの貸し借りや、ポストイットのメモ書きを渡す際も、気をつけねばなりません。

 

■お下劣女

「長い付き合いの女友達が、「ションベンしてくるわー」って言って席を立ったときは、本気で引いた。いくら異性として見ていなくても、あえてそんな言い方する必要はないだろうと」(26才・クリエーター)

 

「好きな人の前だけは、おしとやかに」と思っていても、素の自分はふとした瞬間に出てしまうものです。普段から言葉遣いに注意、「お手洗い」、もしくは「お化粧直し」と言う癖を。

 

■チョイス下手な女

「俺が風邪で寝込んでいるとき、「何か食べ物買ってくよ」って申し出てくれたまではよかったんだけど、揚げ物ばっかのコンビニ弁当買ってきた女がいた。もうちょっと他にあるだろうと…」(31才・会社員)

 

こういうときは、まず彼に何を食べたいか聞くべき。「食欲無い」と言われた場合は、果物や栄養ドリンクを持っていきましょう。

 

■ドラッグクイーン女

「最近、つけまつげ毛つけてる子が多いけど、不自然なまでにバサバサしたのは、ドラッグクイーンみたいで怖い。つけてるのが分からないくらいのが、一番男ウケいいと思うんだけど」(29才・接客業)

 

さらに、粘着不足にはご用心! 風の強い日はとくに注意です。バサバサな上、取れかけたつけまつ毛ほど怖いものはありません。

 

■どこでも交信女

「外で食事中、ずっと彼女が下向いてるから、「大丈夫?」って心配したら、なんと机の下でメールしてやがった! 俺といるのがそんなにつまらないのかよって、逆に情けなくなった」(26才・学生)

 

どうしても携帯をいじらなければいけないときは、せめて一言断るべし。「ちょっとごめんね」「ごめん、一件だけメール返しちゃうね」などの一言があるだけでも、だいぶ印象が違います。

 

いかがでしたか? 「やれやれ」で済ませそうな可愛いガッカリから、百年の恋も冷めるような強烈なガッカリまで。

「一度デートしたけど、二度目は誘われなかった。私、何か悪いことした?」なんて不思議がっているあなた、実はこんな理由で、彼をガッカリさせてしまったせいかも!?

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'斉田直世'の過去記事一覧