> > たったこれだけ!夫婦仲が良くなるシンプルな習慣10個【3/3】

おすすめ記事一覧

たったこれだけ!夫婦仲が良くなるシンプルな習慣10個【3/3】

2012/04/28 23:30  by   | 結婚

仲良し夫婦がやっているシンプルな習慣10個を紹介するシリーズも今回が最終回です。

前回及び前々回で、あわせて7つの習慣をお届けしました。それでは、残り3つの習慣を見ていきましょう。

 

■8:ケンカしても「おやすみなさい」は毎晩言う

相手に対してムカつくことがあったり、ケンカしたりして、口もききたくないという日もあるでしょう。しかし、どんな気分のときでも1日のおわりには「おやすみなさい」を必ず言うべきです。

無言で就寝すると、翌日以降もイヤな気持ちを引きずりかねません。「おやすみなさい」は仲直りのきっかけ。それに、少しくらいイヤなことがあっても、ふたりの絆のほうが大事だということを感じさせる言葉です。

 

■9:仕事帰りにはごきげんうかがいの電話をする

夫は仕事が終わったら“帰るコール”をしてくれますか? もし夫が連絡不精なら、夫の仕事が終わる頃合いを見計らって、妻から電話してみましょう。

最近は“帰るコール”よりも“帰るメール”のほうが主流かもしれません。でも、夫婦円満のためには、やはり“帰るコール”がオススメ。声の調子で夫の機嫌や体調を感じ取って、心の準備ができるからです。

たとえば、夫が不機嫌そうだと感じたら、その日は大事なことを相談したり、「ねぇねぇ今日こんなすごいことがあったの!」とはしゃいだりするのは避けたほうがいいと判断できます。

逆に、夫が上機嫌そうなら、おねだりするチャンスです。少しおめかしして、とびきりの笑顔で夫を迎えましょう。

 

■10:夫婦であることを誇りに思う

仲良し夫婦は、人前でも微笑ましいじゃれ合いかたをします。TPOを無視していちゃつくバカップルというわけではなく、さりげなくパートナーの手や肩に触れたり、ひざや後頭部をポンとたたいたりするのです。

お互いにパートナーのことを誇りに思っているからこそ、人前で妙によそよそしくする必要がないのでしょう。堂々と仲良くすることで、夫婦であるという実感も強まります。

 

以上3回にわたって、仲良し夫婦がやっているシンプルな習慣10個をお届けしましたがいかがでしたか?

夫婦円満のためには毎日の小さな積み重ねが不可欠です。「最近なんだか倦怠期で……」というかたは、あなたにできそうなことからぜひ始めてみてくださいね。

 

【関連記事】

たったこれだけ!夫婦仲が良くなるシンプルな習慣10個【1/3】

たったこれだけ!夫婦仲が良くなるシンプルな習慣10個【2/3】

たったこれだけ!夫婦仲が良くなるシンプルな習慣10個【3/3】

 

【参考】

How To Be Happy in a Relationship- 10 Habits of Happy Couples – Woman’s Day

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'中田綾美'の過去記事一覧