声優の卵たちが「声優になりたい」と思ったきっかけ作品ベスト3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

昨今の声優さんたちの人気は、一般のタレントや歌手なんかを凌ぐ勢いですね。

CDの売れない時代に、パッケージがちゃんと欲しくなってしまったりする人気アニメや声優のCD。

水樹奈々さんのコンサートの集客力も尋常ではありません。声優やアニメソング歌手を目指す若者が増えるのは頷けますよね。

人気声優の魅力もさることながら、作品の甚大な影響力によっても、声優になりたいと思うものでしょう。

そこで、声優になりたいと思ったきっかけの作品を、声優事務所『アニワークス』の若手声優の卵さんたちの代表・石野美妃さんに伺いました。

今回は、その中から上位3つをご紹介します。

 

■1位:うたのプリンスさまっ

知らない人のために簡単に説明すると、2010年にPSPゲームソフトとして発売されたのが、その人気からTVアニメーション化することになった新しい作品。

超人気アイドル・HAYATOに憧れ、作曲家を夢見る七海春歌は、念願叶って競争率200倍の芸能専門学校『早乙女学園』作曲家コースに入学。

そこで春歌は、アイドルコースの生徒の中から誰かひとりとペアを組み、卒業時に行われる『シャイニング事務所 新人発掘オーディション』の合格を目指す、というあらすじのドキドキ青春ラブコメディです。

やはりこの作品でキャストを務める声優、宮野真守さんや沢城みゆきさんなどの人気にも大きな影響があると言えます。

 

■2位:ガンダムシリーズ

古きも新しきも、やっぱりガンダムです。幅広い年代の人が、必ずどこかのガンダムに影響を受けているようです。

ファーストガンダムからすると、もはや全く別物になってきてはいるものの、ガンダムのストーリーの特徴として、正義と悪が明確でなく、混沌としながら結局は結論も出ないという、どこか見る人が考えさせられてしまうというところに魅力があるのではないでしょうか。

また、なんと言っても声優を務める宮野真守さん、豊永利行さん、江口拓也さんなど、若い女性声優の卵さんからの支持が目立ちます。

 

■3位:新世紀ヱヴァンゲリオン

そしてこちらも大定番、エヴァンゲリオンの人気はいまだに不動のようです。ガンダムの影響を強く受けていることもあり、人気は頷けます。

若い声優さんが憧れを抱いているのが、圧倒的に綾波レイの声を担当する林原めぐみさんです。

アイドル声優の先駆けであり、歌唱力も高く、特徴ある様々なキャラクターの声で歌うことが出来る器用な声優さんとして、他に類がなかったとのこと。

林原さんの明るく前向きで、うまく力の抜けた生き方を書いたエッセイにも影響を受けている人がいました。

また、テーマソングである高橋洋子さんの『残酷な天使のテーゼ』や『魂のルフラン』なども、もはやアニメファンでなくともカラオケの定番と言えるでしょう。

 

いかがでしたか?

アニメ作品には、自己形成の過程に精神的な支えや憧れなど、夢にも強い影響力があるものですね。

新旧ありますが、以上3つの作品名が目立っていたのでご紹介しました。

 

【声優シリーズ】

「るろうに剣心」大ヒットを影で支えた超人気声優の秘密

人気アニメの台詞に隠された意外な「男の生態」を解明!【前編】

人気アニメの台詞に隠された意外な「男の生態」を解明!【後編】

え~!? 意外…「2.5次元の妄想」に恋する女性が急増中!

 

【参考】

アニワークス – aniworks

うたのプリンスさまっ公式サイト

GUNDAM.INFO公式ガンダム情報ポータルサイト

エヴァンゲリヲン新劇場版:Q公式サイト