> > 白馬の王子様に憧れる女性ほど「金目当てで人任せ」だった

おすすめ記事一覧

白馬の王子様に憧れる女性ほど「金目当てで人任せ」だった

2012/05/25 18:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

 

いつの日か、白馬に乗った王子様があらわれる。小さな頃からそう夢みてきて、いつの日か理想の男性と恋をしたいと願う女性は少なくありません。

シンデレラや白雪姫などに自分を投影し、王子様のような男性が自分を幸せにしてくれる。

そう考えるわけですが、ちょっと待って。どうして、白馬に乗った王子様が幸せにしてくれるのでしょうか。女性が白馬に乗った王子様が幸せにしてくれると考える理由について、心理学的に考えてみたいと思います。

 

■恋人に夢みる幻想

アメリカにあるラトガース大学のラドマン教授らによれば、若い女性には恋人とファンタジー物語の登場人物である王子様とを潜在的に結びつける“ロマンチック幻想”があるとされています。

そして、ロマンチック幻想の強い女性ほど、王子様のような男性と結婚することで自分自身の社会的・経済的地位を向上させたいと考えているのだというのです。

たしかに、多くのファンタジー物語では、主人公である女性は社会的にも経済的に裕福だとはいえません。

そんな主人公は、王子様と出会い恋に落ちるだけで、一夜にしてお姫様へと変身してしまいます。努力しなくても、自分を幸せにしてくれる。

そんな存在が、白馬に乗った王子様なのです。

 

■ロマンチック幻想と女性の心理

では、実際に女性の心理とロマンチック幻想はどういった関係になってるのでしょうか。首都大学東京大学院院生の麻生奈央子氏は、73名の女性を対象に調査をおこないました。

その結果、ロマンチック幻想の強い人ほど、恋人に対する依存志向が強いことがわかりました。

つまり、恋人には社会的に高い地位や高収入を望み、恋人の仕事の成功が自分の価値を高めると考えていたのです。

これは、恋人は自分の王子様だと考えている女性ほど、「恋人から守られたい恋人に幸せにしてもらいたい」と考え、自分の人生を恋人にゆだね、依存する傾向にあるといえます。

しかしながら、けっして女性はシンデレラや白雪姫のようなファンタジー物語のなかの主人公のように、自分自身を社会的にも経済的にも貧しく、かわいそうな存在だと考えているわけではありませんでした。

 

いかがでしたか?

白馬に乗った王子様は、けっして自分の理想とする男性を意味しているのではなく、自分を守り幸せにしてくれる社会的地位や経済力をもちあわせている男性なのです。

つまり、ロマンチックな女性は理想の恋人を求めているわけではなく、自分をより幸せにしてくれる仕事に成功し経済的に裕福な男性を求めているだけだったんですね。

 

【本当は●●だったシリーズ】

※ 意外?やっぱり?男が「ぽっこりお腹」を嫌う本当の理由

※ いいことづくめ?もっとキスをするべき本当の理由5つ

※ 知らないと危険?本当に思いやりのある男を見分ける方法3つ

※ 童話によくある「お姫様は幸せに暮らしました」は本当だった!

 

【参考】

※ Laurie A. Rudmanら(2003)『Implicit Romantic Fantasies and Women’s Interest in Personal Power: A Glass Slipper Effect?』 Personality and Social Psychology Bulletin

※ 麻生奈央子(2009)『潜在・顕在的なロマンティック幻想と達成動機』 日本パーソナリティ心理学会大会発表論文集

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'平松隆円'の過去記事一覧