あなたはやってない?初対面で男に嫌われるNG態度10個【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「人間関係では第一印象が大事」というのは、もう耳にタコができるほど聞き飽きたアドバイスではないでしょうか。

第一印象を少しでも良くするために、愛されメイクにモテ髪、流行のファッションなど、まずは見た目にこだわるのは大切です。

ところが、いくら外見を取り繕ったところで、カチンとくるような挙動やドン引きな態度で「この女……」と男性から興ざめされることも少なくありません。

そこで、情報サイト『Tres Sugar』をもとに、初対面で男性に嫌われる女の態度10個を2回にわたってお届けします。【前編】では、まずは5つを見ていきましょう。

 

■1:とにかく自分の話ばかりするおしゃべり女

男をうんざりさせる最速の方法は、とにかく自分の話ばかりすること。最近の出来事や、友達のこと、家族のことなど、相手にしてみれば「いや、俺そんなこと知らねーし……」といったところ。

しかも、「あなたはどうなの?」と相手に話を振ることすらせず、一方的にしゃべり続けるのは最悪です。

会話というのは言葉のキャッチボール。ひとり芝居をしているわけではありません。彼にも話す余地を与えて、きちんと耳を傾けましょうね!

 

■2:質問攻めにする取り調べ女

他方、自分のことは全く話さず、相手を質問攻めにするのもよくありません。「趣味は?」「家族構成は?」「好みのタイプは?」「好きな料理は?」等々、矢継ぎ早に質問ばかりされては、彼は警察の取り調べを受けているような気分になります。

要はバランスが大事。一方的に自分ばかり話すのでもなく、質問攻めにするのでもなく、言葉のやりとりを楽しみましょうね!

 

■3:周囲の観察ばかりする探偵女

「ちょっとこの店、照明が暗いわね」とか「あそこのお客さん、芸能人の●●に似てると思わない?」とか、どこに行っても周囲の観察に余念がないそこのあなた。

好奇心旺盛で洞察力に優れているのはいいのですが、初対面(もしくはまだあまり親しくない仲)でこれをやると、目の前の男性は「俺のことはどうでもいいってこと?」と邪推したくもなりますよ!

周囲をキョロキョロ観察するよりも、まずは彼ときちんとアイコンタクトをとって「私は、あなたのこと・あなたの話すことにすごく興味があります」というアピールをしましょう。

 

■4:「私って男っぽい性格なんです」と言う自称サパサバ女

「私って男っぽい性格なんです」と言われて、「へぇ~じゃあ俺たち気が合いそうだね」と好印象を持つ男性はいません。

「要するにガサツってことだろ」「同性の友達から嫌われているだけなんじゃ……?」そう思われるのが関の山。(実際に、男性の予想通りであることが多い)

あなたが本当にアピールしたいことはなんですか? たとえば、相手の男性が格闘技ファンの場合に、「実は、私もそうなんです」とかそういう意外性アピールはアリですが、安易に「私は男っぽい」という表現は使わないようにしましょう。

 

■5:ひたすら酒をガブ飲みするノンベエ女

お酒の席では、ドリンクは会話のあいまに少しずつ嗜むのが吉。会話そっちのけで、ひたすら酒をガンガン飲むばかりでは、相手はドン引きです。

酩酊状態では、思わぬ失言・失態を招くこともしばしば。特に、気心の知れない相手と飲むときは、くれぐれも飲みすぎには注意しましょう。

 

まずは、初対面で男性に嫌われる態度10個のうち、5つをお届けしましたがいかがでしたか? 次回は残り5つを紹介します。

 

【関連記事】

実はアソコも見られてる?男が初対面で注目する点8つ【前編】

実はアソコも見られてる?男が初対面で注目する点8つ【後編】

好印象を残す秘訣は「長所を1個だけ強調する」ことだった

「第一印象から愛される女になる秘訣」が心理学で明らかに

 

【参考】

Dating Mistakes to Avoid – Tres Sugar

【画像】

by.a4gpa