ダサメン卒業も夢じゃない!? 非モテ社長が男性用ECサイト開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

みなさんは、ECサイトで服を買ったことはありますか?

インターネットブロバイダーの『OCN』が昨年9月に衣料品・ファッションの通信販売に関するアンケートを実施したところ、全体の64.5%が通信販売で衣料品・ファッションを通信販売で購入したことがあると答え、その内の約8割がネットショッピングを利用したことがあると答えています。

今や、ファッションはネット通販で買う時代となったといえるでしょう。

その一方で、今年の5月15日に『ZOZOTOWN』を運営するスタートトゥデイが、2012年3月期決算で上場以来初めて業績の下方修正を迫られたと報じられました。

背景には、メインの客層である20代から30代の新規顧客開拓が頭打ち状態になったことや、ファストファッションブランドとの競争の激化があるとされています。

そんな中、意外な会社がファッションECサイトに参入することが明らかになりました。そのサービス内容は一体どんなものなのでしょうか。

 

■マネキン買いで“ダサくない”、“無難だけどオシャレ”な服をゲット

非モテSNSを運営する株式会社ホットココアは、5月にメンズ向けファッションECサイト『メンズファッション+』を本格スタートしたと発表。そのコンセプトは、モテない、オシャレにあまり関心がない人向けに“無難”なファッションをマネキン買いで提供するというもの。

マネキン買いとは、ショップのマネキンが着ている服を上から下までまるごと一式買うことですが、それをネット上で実現させることで普段忙しい人や“何を買えばいいかわからない”人に、手軽にファッションを楽しんでもらうという狙いがあるそう。

株式会社ホットココア代表取締役の永上裕之氏は、『メンズファッション+』について次のように話しています。

「メンズファッション+では、“リアル(実生活)が充実するサポート”という目的があります。服は毎日着用するものです。オシャレな服を着ることで、気分が明るくなり、自分に自信が付き、コミュニケーションが円滑になり、リアル(実生活)が充実する様なサポートをできればと考えています」とのこと。

 

将来的に100種類以上のコーディネートを目指し、さらに、自身の身長や年齢、スタイルなどを入力することで定期購入できるサービスを予定。

また、現段階では男性向けのサービスですが、女性向けのサービスも検討中とのこと。

「ハイエンドなファッションサイトではどうも……」と思っている人や、必要に迫られてるけどそうすればいいかわからない人も、気軽にネットショッピングにトライしてみては?

 

【参考】

※ 衣料品・ファッションの通信販売の利用に関するアンケート結果発表 – OCN

「ZOZOTOWN」躍進に陰り、顧客開拓頭打ち 社長“男の約束”果たせず – SankeiBiz(サンケイビズ)

 

【取材協力】

※ 永上裕之・・・1986年福井県出身。東放学園専門学校卒業後リクルートなどを経て、2010年に株式会社ホットココアを設立。