絶対に言っちゃダメ!夫にマジギレされる「妻の愚痴」9つ【2/3】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

前回の記事では、夫にマジギレされる妻の愚痴9パターンのうち、まずは3つをお届けしました。それでは、引き続き3つのパターンを見ていきましょう。

今回は、家事分担に関する愚痴、一緒に出かけてくれないことへの愚痴、会話が少ないことに対する愚痴の3パターンです。

 

■4:「はぁ……。家事は全部、私がやらなきゃいけないんだから」

夫にはこう聞こえる:「この役立たず!」

妻にしてみれば、ちょっと労いの言葉でもかけてほしくて、ついボヤいてしまっただけなのでしょう。

しかし、男性というのは、他人の気持ちに共感するのが苦手。「そうだね、いつも君には負担をかけてるね」なんて優しい言葉は期待できません。

たしかに、「なんで私ばかりが家事を負担しなきゃならないの!?」とご立腹の妻は多いことでしょう。しかし、本当に夫は全く家事を分担していないのか、よくよく考えてみるべきです。

たとえば、車のガソリンを入れ替えたり、ゴミ出しをしたりなど、あなたが意識していないだけで、実は夫の家事への貢献も少なくはないのでは?

夫にもっと協力してほしいのであれば、今やってくれないことを責めるのではなく、「先週は、駐車場の掃除をしておいてくれて本当に助かったわ!」というふうに、これまでにやってくれたことを評価するほうが賢明です。

また、夫婦で家事のリストを作ってみるのもオススメ。一緒にリストを作ることによって、「実はこんなことをやってくれてたんだ」とお互いの労力を確認し合うことができるからです。

なお、前回の記事の子育ての項目でも述べましたが、夫の家事のやり方に事細かくダメ出しするのはNG。妻から見て、危なっかしかったり、大雑把だったりするようでも、夫のやりたいようにやらせるのが、夫のモチベーションを保つ秘訣です。

 

■5:「家族よりも友達と出かけるほうが多いわね」

夫にはこう聞こえる:「どうせ私よりも友達のほうが大事なんでしょ!」 

結婚してから、夫がちっともデートしてくれなくなったことに不満を持つ女性は多いのではないでしょうか。しかし、夫はそんな妻の不満が理解できません。

夫のほうでは、妻と家でまったり過ごしたり、一緒にスーパーに買い物に行ったりするだけで満足しているからです。

たまには夫と恋人気分を味わいたいという場合は、かわいくおねだりしましょう。たとえば、「男同士の時間が大切なのはわかるけど、いつも留守番じゃ寂しいな。ねぇ、今週末は一緒に外食でもどう?」というふうに。

妻の希望がわかれば、夫もやたら友達と遊び歩くのを控えて、妻との時間を大事にしてくれるようになるでしょう。

 

■6:「あなたは何にも話してくれないのね」

夫にはこう聞こえる:「夫婦仲が悪いのはあんたのせい」

夫がひとりで悩みを抱えている様子を見ると、「なんで話してくれないの!?」と妻がイライラする気持ちもわかります。ただし、そこで「何にも話してくれない」と一般論化してしまうと、夫はますます話す気が失せるでしょう。

「仕事のストレスが大変そうね。もしよかったら、どんな悩みがあるのか話してくれない?」そんなふうに持ちかけると、夫にあなたの気遣いが伝わり、夫が悩みを打ち明けやすくなるはずです。

 

今回の、夫にマジギレされる妻の愚痴3パターンはいかがでしたか? 「あーこれ言っちゃってるな……」という心当たりのあるかたは、ぜひ改善例を参考に伝え方を工夫してみてくださいね。

次回は、残り3パターンをお届けします。

 

【夫にマジギレされないために……】

絶対に言っちゃダメ!夫にマジギレされる「妻の愚痴」9つ【1/3】

絶対に言っちゃダメ!夫にマジギレされる「妻の愚痴」9つ【2/3】

絶対に言っちゃダメ!夫にマジギレされる「妻の愚痴」9つ【3/3】

 

【参考】

What to Do When Your Husband Won´t Talk to You at WomansDay.com – How to Commuicate with Your Husband – Woman´s Day

【画像】

by.Liz Grace