非モテ女子が理想の彼氏を作るためにやるべきこと5つ【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「頑張れば、いつだって彼氏なんてできる!」と心の中ではいつも考えているけど、なかなかそのための行動ができていないあなた。

今のままでは、無駄に月日だけが過ぎていくだけです。そろそろ、そんな言い訳で彼氏ができない不安をごまかす日々は終わりにしませんか?

今回は、ズボラなあなたのために“29歳からモテ期の恋愛エッセイスト”菊乃さんに教えていただいた、今すぐにできる超簡単な自分改革を5つ、ご紹介します。

こちらは、菊乃さんご自身が28歳で「このままではマズイ!」と気づき、“モテ期ゼロから彼氏を作るために最初に行動した5つのこと”です!

菊乃さんからは、「内面を変えるより外見を変える方が簡単。彼氏ができる女性になっていくためには、テクニックより順番が大事」と教えていただいたので、実践するときは1~5の順番で行うといい結果が期待できそうです。

 

■1:男性ウケする服装やメイクにする

28歳までほぼ毎日ノーメイク、洗いっぱなしの髪、ジーパン、スニーカーでの出勤だった菊乃さんが最初に変えたのは、服装やメイクだそうです。

「モテないときは、自分らしさにこだわり異性ウケの悪い格好をしてました。男ウケがいい格好をする=媚びているという先入観があったそう。

でも、お葬式に赤い服を着るのはマナー違反のように、異性に会うのにはふさわしい恰好がある。相手にどう感じてもらいたいのか、服装やメイクはコミュニケーションツールなんです」

服装やメイクをコミュニケーションツールと語るあたりに、成功者の風格が伺えますよね。

 

■2:持ち物は実用重視と男ウケ重視のふたつを用意する

「以前は化粧ポーチすら持ち歩いていませんでした(ノーメイクだったので……)。財布はレシートパンパン。ハンカチ、ティッシュなんて当然もってません。

デートをすることなんて想定して生きていないから、バッグ選びも仕事も休日も使えるのがいいと、ひとりよがりでした。オンもオフも使えるようにではなく、仕事用、休日用とバッグは分けるべき。

今では、化粧ポーチ、ハンカチは手を拭いたり実用するものと、見せてもいいものと2枚携帯、ティッシュはティッシュケースに入れてます。

単に持ち物に気を配れないだけなんじゃなくて、モテない人って見られることへの意識ゼロで自分の都合だけでもの選びをして、いろんなところで自分勝手なんですよね」

ちょっと辛口のアドバイスは、経験から来るものでしょうね。

 

いかがでしたか。ここまではクリアしましたか? ちょっとギクッと来た方は、今からでも遅くありません! 後編では、残り3つをご紹介します。

 

【参考】

※ 菊乃・・・29歳からモテ期の恋愛エッセイスト。個人ブログは、『モテ期0からのベストパートナープロジェクト』。著書は、『ほんのちょっと変わるだけで素敵な男性が手をさしのべてくれる本』

【画像】

Photo by Catunes