森ガール・チュニックはNG!? 男が嫌いなファッション10個

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

普段からファッション誌をよく読んで、自分に似合うスタイルを追求する女性たち。しかし、日々お金と時間をかけて磨いている女性のファッションセンスを男性はなかなか理解してくれません。

「女性と男性ではオシャレだと思うものに若干のギャップがあるようです」と語るのは放送作家の白武ときお氏。

今回は白武氏に、カワイイと思っているのは女性だけの“男ウケしないファッション”について伺いました。

 

■1:森ガール

「年齢不相応だと少しひいてしまいます。10代後半から20代前半のイメージですね。あまりにも独自の世界観が出来上がっていると付いていけないですね」

 

■2:ローライズ

「ローライズのジーンズは、脚長効果がありますが、男性から見るとだらしがないだけです。特に座ったときなどに、後ろから下着が見えてしまうと興ざめしてしまいます」

 

■3:サロペット

「男性からすればオーバーオールにしか見えないものに対してなかなかオシャレだという感想は持てません。花がらのオールインワンだと“もんぺ”に見えてしまうので注意!」

 

■4:バルーンスカート

「バルーンスカートはオシャレ度が高そうに思えますが、お笑い芸人の今いくよくるよさんを彷彿とさせてしまいモテには繋がりません。

またチラリズムが生まれないのも良くないですね」

 

■5:チュニック

「チュニックは胸があって足が細くないと可愛く着こなせないような気がします。だらしなく見えるか子供っぽい、または妊婦さんに見えてしまうので気をつけましょう」

 

■6:デカいアラレちゃんメガネ

「女性はオシャレで大きいメガネをかけているかもしれませんが、男性には全く伝わりません。キャラクターのようなので女性的な部分が見えなくなります」

 

■7:派手な原色のコーディネート

「服やカバン、靴などを原色でコーディネートしている個性派な女の子は見た目がうるさく主張し過ぎているので、やはり苦手ですね」

 

■8:サルエルパンツ

「スウエットに通じるものがあり、男性にはだらしなく写ってしまうので避けましょう。

ズボンはなるべく足にフィットしたものの方が好まれる傾向にありますね」

 

■9:ミュール

「夏のおしゃれに欠かせないミュールですが、足音がカンカンうるさいイメージがあるので、歩き方には十分注意していただきたいです」

 

■10:ヒョウ柄

「女性にとって根強い人気アイテムのひとつのヒョウ柄ですが、“おばさんっぽい”、“けばい”というイメージがあります。遊んでそうと思われたくない人は避けるのが賢明です。

 

いかがでしたか? 

男性から見るとこんなにもイメージが違い、厳しい評価をされるものなのですね。デートのときは上記のことに気をつけてコーディネートを考えてみましょう!

 

【関連記事】

※ 熊田曜子に学ぶ!30歳過ぎたら「同い年の男性」に魅力を感じる理由5つ

※ 意地悪でプライド高い京都男子が嫌う「NG女子の特徴」8つ【前編】

※ 意地悪でプライド高い京都男子が嫌う「NG女子の特徴」8つ【後編】

※ 許されるのは綾瀬はるかだけ!男が幻滅する「干物女」の特徴6つ

 

【参考】

※ 白武ときお・・・京都出身。テレビ朝日の番組の放送作家、お笑い芸人門出ピーチクパーチクの座付き作家、TOHOシネマズ学生映画祭の企画、ライターとして活躍の場を広げている。Twitterは@TOKIOCOM。