後悔したのはあなただけじゃない!夏のダイエット失敗談

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

いよいよ、夏本番。薄着や水着になり、体のラインが気になるこの季節。ダイエットに必死という女性は多いはず。

でも、なかなか思うようにいかないのがダイエットの辛いところ。誰でも、ダイエットの失敗談は、ひとつやふたつ持っているのではないでしょうか?

そんなダイエットに関する調査を、株式会社ぐるなびが運営する『レッツビューティ』が行いました。今回は、この「ダイエットに関する意識調査」を参考に、ダイエットの失敗談をご紹介します。

 

■ 1:リバウンド

「頑張りすぎて、夏が来る前にリバウンドした」

「1週間野菜ダイエットをしたら、食べ物ばかりの夢を見て、リバウンド」

ダイエットをする上で、一番の敵はリバウンドですよね。みなさんも、リバウンドの経験が一度はあるのでは? 著者も、10キロのリバウンド経験者。

短期間の食事制限ダイエットだと、食べてしまえば体重が元に戻って当然。ですが、リバウンドするとわかっていても、夏を目前にした焦りから、食事制限ダイエットをやってしまう女性も多いかもしれませんね。

 

■ 2:頑張りすぎてたくましい体に

「脚をほっそりさせたくて、ヒンズースクワットを毎日一生懸命やっていたらふくらはぎがガッチリしてしまった  」

「 最近ジムで水泳をするようになり、筋肉がついてノースリーブを着たらたくましくなっていた」

 適度に運動して、体重も贅肉も落とすというのが、一番健康的で理想のダイエット。でも、やりすぎは禁物のようです。

女性らしさを通り越して、アスリートのような体型になってしまっては、意味がないですよね。適度に筋肉をつけて、美ボディーを目指したいものです。

 

■ 3:体調不良

「食事制限だけのダイエットを夏に行ったことで体力を落としてしまい、夏風邪をひいて治らなかった 」

「頑張りすぎて、ダウンしてしまい、点滴で太ってしまった 」

 ダイエットは、夏をより一層楽しむために始めたはずです。せっかくの夏を、ダイエットが原因で楽しめないなんて、本当にもったいないですよね。

真夏の太陽の下、無理なダイエットで青白くなった顔は、悲壮感すら漂わせるかもしれません。ただ痩せればいいわけではなく、健康でいられないと意味がないですよね。

楽しい夏のためにダイエットしているということを、くれぐれもお忘れなきように。

 

■ 4:間に合わない

「目標に達せず浴衣に逃げる」

「尻もモモも脇の下もどうにもならないので、半袖単パンみたいな水着を買った」

「明日から頑張るから、今日は食べてもいいや」そんな甘い言葉を自分自身にかけ続け、気づいたらもう夏……。

本当は、体のラインがはっきり出るワンピースを着たかったのに、体型がカバーできる服で誤摩化す。痩せるつもりで買ったビキニもワンピースも、そのままタンスの肥やしになってしまうのかも。

強い意志を持って、ダイエットは今日から始めましょう! 

 

いかがでしたか?

周りの女性から、くびれた腰を見せつけられて「やばい!」と思っているあなた! 上記の失敗談を参考に、上手にダイエットして、充実した夏を過ごしましょう。

 

【関連記事】

※ 絶対やめて!ものすごく不健康なNGダイエット法トップ10【前編】

※ 絶対やめて!ものすごく不健康なNGダイエット法トップ10【後編】

※ ダイエットを頑張っても「体重が減らない本当の理由」10個【後編】

※ ダイエットを頑張っても「体重が減らない本当の理由」10個【前編】

 

【参考】

※ 株式会社ぐるなび – ダイエットに関する意識調査