実は日本人女性は世界一「肉食」!? 恋愛オリンピックの結果発表【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

今、まさに世間はオリンピック一色! 競技はもちろんですが、各国の文化の違いが垣間見えるのも興味深いですよね。

今回はそんなオリンピックにちなんで、世界の恋愛事情についての順位データをご紹介します。

参考にしたのは、恋愛・結婚マッチングサイトのマッチ・ドットコム ジャパン株式会社が、世界各国の独身男女計3,000名に行った、デートに対する考え方や行動についての恋愛調査『match.com 世界デート選手権』。

調査対象は、アメリカ、フランス、イギリス、オーストラリア、日本、カナダの6カ国、計3,000名のmatch.com会員です。

 

■1:年間のデート回数がいちばん多いのはアメリカ、日本は最下位

昨年1年間で2回以上デートをしたと回答した人の割合は?

金 アメリカ・・・76%

銀 カナダ・・・70%

銅 イギリス・・・68%

昨年1年間で2回以上デートをした人の割合は、アメリカが76%とトップ。一方、日本人は、デートが1回もなかった人の割合が37%と、6カ国中最もデートが少ない結果となりました。

つまり日本人のおよそ3人に1人が、なんと去年1回もデートしなかった!ということになるわけです。デート回数では、日本は惨敗です……。

 

■2:日本人女性は肉食系?

好きな人に“常に”自分からアプローチすると答えた人の割合は?(女性のみ)

金 日本・・・11%

銀 アメリカ、カナダ・・・3%

銅 オーストラリア・・・2%

(調査対象:日本、アメリカ、カナダ、オーストラリアのみ)

積極性では、他国を圧倒的に引き離し、日本人女性がダントツの1位に輝きました! 一方男子は、1位アメリカ(40%)、2位カナダ(34%)、3位日本(27%)、4位オーストラリア(24%)という結果。

また「自分からアプローチしない」と答えた人が最も多かったのも、日本とオーストラリアで同率4%という結果になりました。

日本人男性の消極性がよく表れたデータですね。日本人女性の“肉食化”は男性の消極性がもたらしたもの?とも考えたくなります。

ロンドンオリンピックではサッカーや卓球など女子アスリートの活躍が目立ちますが、恋愛においても日本人女性のパワフルさが目立ちます。

また、いかにも肉食っぽいオーストラリアの男性も草食なの?というもの気になるところです。

 

ここまで、ふたつのデータを見てきました。残り3つは後編で紹介しています。こちらも引き続きお楽しみください。

 

【外国人男性シリーズ】

※ 日本人は誤解してる?実は「ナンパ大国」ロシアの恋愛事情【前編】

※ 日本人は誤解してる?実は「ナンパ大国」ロシアの恋愛事情【後編】

※ 日本人女性が絶対に勘違いしている外国人男性の恋愛観(前編)【ブラジル編】

※ 日本人女性が絶対に勘違いしている外国人男性の恋愛観(後編)【ブラジル編】

 

【参考】

match.com 世界デート選手権2012