> > 逆に太る!? 夏に絶対やっちゃいけないNGダイエット4つ

おすすめ記事一覧

逆に太る!? 夏に絶対やっちゃいけないNGダイエット4つ

2012/08/20 22:00  by   | 自分磨き

まだまだ暑い日が続きますね。

「夏休みに遊び過ぎて太っちゃった」「好きな彼に会う前に痩せなきゃ!」などという人はいませんか?

「太ったら痩せたい」と思うのは自然なことですが、「まだまだ暑い日が続くこの時期のダイエットにはいろいろと注意が必要」と警鐘を鳴らすのは、作家でサプリメントアドバイザーでもあるyanagi氏。

さっそくどんな点に注意すべきなのか聞いてみましょう。

 

■1:大量の水を飲むダイエット

「1日に一定量以上の水を飲むことによるダイエット方法が普及していますが、汗をかきやすい暑い季節には注意が必要な方法です。

過剰な水分摂取は大量の発汗につながり、それによって体内から塩分が奪われてしまい、バランスが崩れてしまいます。酷くなると、“水中毒”を引き起こす可能性もあります。

水中毒は疲労感や頭痛、嘔吐などの症状を引き起こしますが、悪化するとメンタルにも不調を来す可能性があります」

 

■2:絶食系ダイエット

「“カロリーを摂取しなければ、その分痩せる”という安易な気持ちからの絶食系ダイエットは、もっとも危険なダイエットと言ってよいでしょう。実は“食べなければ太らない”というのは正しい認識ではありません。

身体が飢餓状態になることにより、摂取した食べ物からより多くのエネルギーを吸収しようとするため、むしろ“少量の食事でも太りやすい身体になる”とさえ言えます」

 

■3:置き換え系ダイエット

「暑い時期はただでさえ食欲が減退しがちであり、夏バテを引き起こしやすくなります。食事のかわりにダイエット食品を食べる“置き換え系ダイエット”も、行き過ぎると胃袋を過剰に縮めてしまうことになるので、注意が必要です」

 

■4:暑さを考慮しない“過酷な運動”によるダイエット

「確かに、運動によってカロリーを消費することは、ダイエットの方法としては正しいと言えます。ただしそれは“適度な”運動であった場合です。過剰な運動は身体の酷使につながり、各種の病気や怪我につながる可能性があります。

日中の暑さを度外視して運動を行うことにより、日射病や熱中症を患ってしまう可能性もあります。運動するなら朝晩の涼しい時間帯を選び、オーバーワークにならないよう注意して行うようにしましょう」

 

いかがでしたか。

何事も“やり過ぎはよくない”というのは当たり前ですが、暑さでさらにダメージが増えてしまうことがおわかり頂けたのではないかと思います。

彼のためにも痩せたいと思っている方は、注意してダイエットしていきましょうね。

 

【関連記事】

※ 暑さの中でも!男がチェックしている女子のNGポイント10個【前編】

※ 暑さの中でも!男がチェックしている女子のNGポイント10個【後編】

※ 超絶ブラック!? メンタルをやられやすい男性の職業10個【前編】

※ 超絶ブラック!? メンタルをやられやすい男性の職業10個【後編】

 

【参考】

※ yanagi・・・1978年生まれ。作家、フリーライター、心理カウンセラー、サプリメントアドバイザー。

メールカウンセリングサイト『y’sカウンセリングルーム』、ライタースタジオ『スタジオY』主催。元バーテンダーでもあり、キャバクラ・スナック等のネオン街の裏事情にも明るい。現在、電子書籍サイト『ヨミーバ』にて、yanagi名義で『ネオン街三部作』等、キャバクラを舞台にした小説を多数発表中。また、栁木悠利名義でも執筆活動中。

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'小川沙耶'の過去記事一覧