これでメイク崩れしない!ほんのちょっとしたコツ3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

仕事やデートで朝に食事を抜いてでも、ばっちり化粧をする方は多いのではないでしょうか? でも、暑さや湿気で、汗をかいて会社や待ち合わせ場所に着く頃にはもう化粧が崩れている、ということも……。

努力を無にされる化粧崩れは、女性にとって大問題! デートの日も化粧崩れを気にして、何度も化粧直しにトイレへ駆け込む女性を、男性はあまりよく思わないことでしょう。

株式会社ドクターシーラボがWEB会員への調査で化粧崩れに関するアンケートをおこなったところ、肌の悩み2位は“化粧が崩れやすい”という結果に。でも、化粧崩れを防ぐためにしていることの回答でいちばん多かったのは“特になし”だそうです!

今回は、化粧崩れアンケート結果の報告と化粧崩れを防ぐための効果的な対策法をご紹介します。まずは化粧崩れに関するアンケート結果のご報告から。

 

■化粧崩れに関するアンケート結果

(1)“化粧がもつ”時間は平均4時間!

朝、家を出る前に化粧をした場合、8時前には化粧を終えていると考えると、12時前には、化粧が崩れているということになりますよね。朝のメイクが崩れ、午後の仕事が残っていると思えば、せっかくのアフター5デートの予定も憂うつになりますよね。

(2)化粧が崩れた自分の顔は、100点満点中48.3点!

なんと化粧をした直後を100点として半分以下に。みなさん自分の顔のチェックは厳しいです。また、キープしたい理想の点数は80.2点と現実とのギャップはかなりのもの。デートでも80点以上なら、彼に見られても安心ということですね。

(3)化粧崩れを防ぐために行っていることトップ5

1位は、さっきも伝えた“特になし”との驚くべき回答。2位以下は次のようになります。

2位:パウダーを使用する

3位:化粧水をたっぷり使用する

4位:厚塗りをしない

5位:化粧前に顔を冷やす

UVクリーム以外は薄めにしていたり、BBクリームを塗った後ティッシュで抑えてからパウダーを付けているという回答もありました。

では、これらの回答は正しいのでしょうか? 続いて、化粧崩れしにくい肌を作る方法を3つご紹介します。

 

■化粧崩れしにくい肌を作る方法3つ

(1)洗顔した後に“肌を冷やす”こと

冷やしたタオルや保冷剤をハンカチでくるんだもので、肌をこすらないように軽く当てるのが効果的。肌を冷やすと毛穴が引き締まるのはみなさんご存知だと思います。実は毛穴が引き締まっているほうが化粧崩れしにくいのですね。

(2)収れん効果のある化粧水を使用すること

収れん効果のある化粧水をコットンにとり、肌を優しくふきとります。毛穴の引き締め効果や過剰な皮脂分泌を抑えてくれます。暑くなる日にはスキンケアの前にひとつ追加してみるといいかもしれません。

(3)保湿を怠らないこと

皮脂が気になるからと保湿を怠ると、過剰な皮脂分泌につながって、化粧崩れしやすくなります。さっぱりした使い心地で保湿力の高いゲル状のスキンケア商品を使うとよいでしょう。

 

いかがでしたか? 9月に入ったとはいえ、まだまだ暑くて湿度の高い日は続きそうです。彼や会社の人に崩れてぼろぼろになった化粧を見せないために、化粧崩れ対策をしてみるといいかもしれませんよ。

 

【関連記事】

男が本気でドン引きしている「痛い女のメイク」まとめ

科学で実証済み!化粧に隠された「誘惑」以外の意外な効果

※ すっぴんにまつわる衝撃エピソード13パターン【前編】

※ すっぴんにまつわる衝撃エピソード13パターン【後編】

[click]360度回転する便利なミラー!『アイメイクミラー』

 

【参考】

夏の化粧崩れに関するアンケート調査 – 株式会社ドクターシーラボ

【画像】

by Julia Voshenrich