人生に役立つかもしれない「賢者タイム」についての知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

SEX後、女性は男性にまだまだ甘えていたいのに、男性はというと、脱力感であんまりノリ気じゃない。そんなつれない彼の姿を見て、「私は愛されてないの?」なんていう不安や不満を感じた経験のある人、いませんか?

 

さてさて、そんな『SEX後の男女の溝』がなぜ生まれてしまうのか、それはどうやら『賢者タイム』が影響しているようなんです。

男性のみなさんにはおなじみの『賢者タイム』、しかし女性の中には「何それ?」って人もいるかと思いますので、まずはカンタンな説明から。

 

■『賢者タイム』とは…

男性がオナニーやSEXをし、射精をしたあと、それまで感じていた興奮がサーッと波を引き、冷静沈着→脱力→魂の抜け殻状態に陥ってしまう時間帯を指します。

その時間は平均すると、射精後1時間ほど続くんだそう(長い人は2、3日続くケースも!)。『賢者タイム』発動中は『性』に対していっさいの興味がなくなり、それどころか『性』に対して嫌悪感すら抱いてしまう状況にも。

あらゆる煩悩が浄化され、まるで悟りを開いた境地に陥ることから『賢者タイム』、その状況がさらに進むと『スーパー賢者タイム』『ハイパー賢者タイム』とも呼ばれるんだとか。そのネーミングセンスの秀逸さに思わず笑ってしまうわけですが、でもこの『賢者タイム』、女性にとっては、とても恐ろしい時間帯でもあります。

 

それは『賢者タイム』中はあらゆる『性』に対し、男性の心と体がシャットアウト状態になってしまうから!

オナニーならば『オカズ』として使った対象(エロ画像やAV)に対し嫌悪感を抱き、ソッコーで画面を消したりと遠ざけてしまいたくなる模様(せっかく探し当てたエロサイトのURLも、賢者タイムのときはもう必要ないサイトだと判断し、ブックマークせずに消すも、後日エロモードになったときに、なんであのとき消してしまったんだろうと後悔すること多々だそう笑!)。

オナニーならば画像やAVを消し去ることで賢者タイムに没頭できますが、SEXとなれば…そう! パートナーであるあなた自身が消し去りたい対象となってしまうのです。

 

もちろん表向きは、SEX後の女性に対し、「目の前から消え去ってくれ」なんてことはせずにある程度女性の気持ちに沿うよう努力しますが、女性が望むように余韻を楽しんでイチャイチャという心境ではなくなってしまっているんですね。なんたって『賢者』なわけですから(笑)!

 

ここにSEX後の男女の温度差が生まれる原因があるようです。

でも、一体なぜ男性には『賢者タイム』が存在するのでしょうか。それは野生動物としての本能がそうさせているとの説があります。

SEX中は無防備な状態なので、動物にとって他の天敵に襲われかねない危険な時間。なので射精後は一刻も早くその危険な状態から脱し、自分、そしてメスを守らなくてはなりません。そのためにオスはSEX後、すぐに冷静沈着な状態になるよう本能がプログラムされているのだとか。

 

『賢者タイム』中の男性は、「私のことを天敵から守ろうとしてくれてるのね❤」なんて考えると、そっけない彼の態度すらいとおしく感じるかもしれませんね。ハイパーポジティブ思考を発動させると。

 

でも、男性の本能に私はこう言いたいです。

「安全だから。天敵もういないから。絶対大丈夫だから」と。

 

人類も進化の過程で、この『賢者タイム』は必要のない時間だとわかり、いつかなくなるときがくるかもしれませんね。むしろ現代においては、ないほうが人間関係がスムーズになるわけですから。

 

さてさてこの『賢者タイム』、人間の男の人にとっては暗くじめっとしたどちらかといえばマイナスイメージのある時間帯ですが、明るく陽気な『賢者タイム』をこれでもかと満喫している動物を発見しましたので、下のリンク先からご覧ください。

オカメインコの陽気な賢者タイム動画

思わず爆笑してしまいました。

人間もこのぐらい『賢者タイム』を楽しめるようになるといいですよね。……いや、さすがに引くかな、これは。