「一生独身かも…」と思ったら準備しておくべきこと6つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

いま、独身で恋人ナシという人は、一度は「このまま一生独身のままかも……」と考えたことがあるのではないでしょうか。

国立社会保障・人口問題研究所の「人口統計資料集(2012)」によると、2010年時点での男性の生涯未婚率は20.14%、女性は10.61%に達しています。つまり、男性の5人に1人、女性の10人に1人が“一生独身”ということに! 

では、もし“一生独身”の場合、どんなことが必要になるでしょうか。『goo ランキング』の「一生独身でいるなら必要だと思うことランキング」を参考にご紹介します!

 

■1:定年までの安定した収入

“一生独身”なら、兎にも角にも必要になるのが安定した収入。それゆえ、不安を感じる人も多そうです。定年まで働き続けられるか心配な人は、いまからでも仕事のスキルを伸ばし、日々の稼ぎを得られるよう準備をしておきましょう。

 

■2:まとまった額の貯金

病気やケガなどのトラブルはもちろん、親戚や友人づきあい、自分の趣味、娯楽にお金が必要になることも。定収入があっても、ある程度の貯金をしておくと安心です。“一生独身予備軍で貯金ナシ”な人は、少しずつ貯金をはじめるとよさそうです。

 

■3:健康

具合が悪いときには、食事の用意や洗濯などちょっとした家事をするのも大変になります。また、病気やケガが長引けば、仕事への支障も出てくるでしょう。ケガは防げませんが、せめて日々の体調管理には気をつけましょう。

 

■4:持ち家やマンション

お金、健康の次に必要になるのが、住む場所。1人で持ち家やマンションを用意するのは難しいかもしれませんが、できれば、定収入があるうちに長く居住できる場所を探しておきたいもの。

 

■5:打ち込める趣味

家族やパートナーがいない場合、プライベートな時間の過ごし方は趣味が重要になるはず。没頭できる趣味があるといいですよね。趣味のサークルに入るなど、趣味を通じて人間関係を広げられれば、より豊かな人生を楽しめそうです。

 

■6:なんでも話せる友人

もしかしたら、独身者にとって家族がいなくなった後、一番頼れるのは友人なのかもしれません。日々の楽しみや、悩み事など、なんでも相談できる友人関係を築けると心強いですよね。

 

ランキングではこの後に、体力、一通りの家事能力の知識・技術、社交性、仕事の専門スキル……と続きます。

一生独身であることも珍しくなくなってきたいま。今後も未婚率は上がるといわれていますが、病気やケガ、トラブルなど、何かあったときはおひとりさま同士で助け合えるといいのかもしれません。

 

【関連記事】

※ 独女が勝手に抱いている結婚のマイナスイメージ5つ

※ こんな女は絶対NG!結婚できない「痛い独女」の特徴8つ【前編】

※ こんな女は絶対NG!結婚できない「痛い独女」の特徴8つ【後編】

※ 独身女性は知っておくべき「良質な出会い」のある場所3つ

[Click]コインを入れるとコロコロ転がる楽しい「もののけ姫」貯金箱

 

【参考】

※ 人口統計資料集 – 国立社会保障・人口問題研究所

※ 一生独身でいるなら必要だと思うことランキング – goo ランキング