嫌われる原因!男が不満に思っている女のNGな話し方8つ【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

コミュニケーションの第一は会話です。恋愛だけに限らず、どこでも誰とでも会話する可能性はありますよね。会話で嫌われたら、恋愛も何も始まりません。たかが話し方、されど話し方。相手に与える印象はすごく変わります。もしかしたら、あなたの話し方の癖が、恋愛を阻んでいる原因かもしれませんよ。

今回は、話し方の専門家、新田祥子先生の著書『好かれる人の会話の法則』を参考に、人に嫌われる話し方を8つ紹介します。普段自分がつい使っているものはないか、チェックしてみてくださいね。

 

1:「とりあえず」や「一応」

よく使う言葉ですが、使うシーンによってはかなり相手に疑問や不安、不満を与えてしまう可能性があります。恋人から「とりあえず今度のデート○○日でいい?」というようなメールが何度も来たら、「とりあえずってどういうこと!?」という気持ちになりませんか?

<“とりあえず”や“一応”には、“時間がなかったので、適当にやっておきました”という意味合いで受け止められることがあります。かなり親しい間柄でも多用すると、“とりあえず今だけしかみていない、調子のいいヤツ”と思われてしまいます>

恋人との約束は大事なはずなのに、“適当”という感覚が伝わってしまっては悲劇ですよね。

 

2:“好かれよう”とすればするほど嫌われる

たまに、完全に上司のご機嫌取りのためだとわかる話し方をしている人を電車内などで見かけます。あまりにわざとらしいと「これは嘘だなぁ」とわかることもありませんか? わざと好かれようとすると、どうして嫌われるのでしょう。新田先生によれば、

<嫌われないために相手に従う振る舞いをすることが多くなり、そのせいで言葉や態度が不自然になってしまい、そのギクシャクした言動が、相手に“なんか信頼できない人”という印象をもたせてしまう>

のだそうです。

でも、誰でも他人から好かれたいと思うのは当然のこと。どうすれば好かれるのかを、聞きたいところですよね。

<人間関係に自信のない人ほど(中略)“わたしは、人に好かれない”というレッテルを貼って自分のことを決め付け、だから人に好かれるためには、“○○でなければいけない”(中略)というルールを作り、そのルールに従えば大丈夫と考えてルールに従った行動をします。

(中略)ルールに従いそうになったときには、“自然に振る舞おう”と言い聞かせ、気持ちを落ち着かせて笑顔をつくってみましょう。あなたが笑顔でいれば、相手も笑顔を返してくれます。>

周囲から嫌われないためのルールは、みなさんの中にも多かれ少なかれあるのではないでしょうか? 素の自分を出すのはとても勇気がいりますが、表面的な付き合い以上の関係になりたいのなら、自分を守ろうとするだけでなく、素の自分を出す勇気や努力も必要そうですね。

 

3:カチンとくる“決めつけ”言葉

合コンや飲み会で、「A型だから、きちんとしてるんでしょ?」と血液型で性格を決めつけられると、なんとなく嫌な気分になりますよね。普段みなさんは、決めつけ言葉を使っていませんか?

なぜ決めつけ言葉が相手に不快感を与えてしまうのかというと、下記のような理由があるのだそうです。

<人はなぜ指示・命令が嫌いなのかというと、“相手にコントロールされている”という感覚が不愉快だからです。誰にも自尊心がありますから、どんな小さなことでも納得してからやりたいし、自分が了解したうえで行動したいのです。>

前の言葉を、相手にやわらかい印象で伝わり、好かれるように言い換えるには、次のように変えると良いそうです。

<“A型なら、もしかして、性格はきちんとしているのが好きなほうですか?”と推測の形でやわらかく言われたならば、きちんとしているかどうかの決定権は自分にあるためコントロールされてるという感覚がわかないと思います。>

いかがですか? ちょっと注意しないとポロッと出てきそうな決めつけ言葉には要注意ですね。

 

4:自分の価値観を押し付けると嫌われる

人はみんなそれぞれの価値観をもっています。普段はあまり意識しなくても、ちょっとしたところで価値観がぶつかることを経験した人もいるのではないでしょうか。

<妻が夫に対して“休日は子どもと遊んでよ”というのに対して、夫が“せめて休みの日ぐらい、のんびりさせてくれよ”と妻に言い返すのも価値観のぶつかりあいです。この状態が度重なると、やがて、“思いやりがない”“家族を大事にしてくれない”と傷つけ合うことになり、気持ちのすれ違いから取り返しのつかない問題に発展しかねません>

恋人同士でも、「今日は家でのんびりしてようよ」と言うのに対して、「えー、今日は買いたいものがあるから一緒についてきてよー」なんて会話はしょっちゅうあると思います。このときにはどちらかが譲歩して、別の機会には相手が譲歩するなどのバランスが大事なんですね。

 

いかがでしょうか? みなさんも自分の心に手を当てて考えると、一つぐらいは経験しているかもしれませんね。【後編】では、引き続き残りの4つをご紹介させていただきます。

 

【NG発言シリーズ】

※ これだけはNG!男が死ぬほど嫌がる「女の口癖」トップ5

※ 東大卒男性に言ってはいけないNGフレーズ8個【前編】

※ 東大卒男性に言ってはいけないNGフレーズ8個【後編】

※ 関係が長続きしない原因!彼氏がドン引きするNG言葉6つ

 

【取材協力】

※ 新田祥子先生・・・エグゼクティブ・コミュニケーションカウンセラー。大学院修士人間科学修了。東京認知行動療法アカデミー研修上級修了。コミュニケーションスクール・セルフコンフィデンス主宰。人間を科学的に捉え、コミュニケーションや人間関係の問題を心理学・人間科学の両面から問題を解決する、コミュニケーションのオーソリティ。ホームページは『あがり症克服なら話し方教室のセルフコンフィデンス』。Facebookは『新田祥子』

 

【参考】

新田祥子(2012)『好かれる人の会話の法則』(日本能率協会マネジメントセンター)

【画像】

by thehutch