初対面の男にドギマギされる「ひと目ぼれ」アロマまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

今回は、メディカルアロマスペシャリスト・大工原忍さんに、デートや合コンで出会った彼をノックアウトする、効果抜群!の“ひと目ぼれアロマ”について教えていただきました!

 

■初対面の彼を虜にし“印象力”を高めるアロマ

(1)サンダルウッド

(2)ネロリ

(3)オレンジスィート

(4)ベルガモット

「ネロリにはその昔、イタリアのネロラ公園の近くに住んでいたお姫様が、手袋や便せんにネロリ(オレンジビターの花)の香りを移して使っていた、という逸話があります。このエピソードからわかるように少女らしい甘さを持った香りです。

サンダルウッドは白檀のことですので、お香のような香りがします。また、ベルガモットは柑橘系のアロマ。(1)~(4)をブレンドすることにより、“初対面でもハッとするような印象”と、“誰にでも愛される甘さ”を持つ香りになります」

 

■相手に好印象を与え“女性らしさ”をアピールするアロマ

(1)ダマスクローズ

(2)ローズウッド

(3)パチュリー

(4)ラベンダーアングスティフォリア

「甘く華やかなダマスクローズは、クレオパトラも愛用した香り。実は、クレオパトラは美人ではなかったという説もあるんです! ではなぜ、彼女が権力者たちに愛されたかというと、恋人を迎えるときに、ダマスクローズの花びらを床に敷き詰めたり、衣服にふんだんに使ったりしたから。そのくらい、女性の魅力を伝える香りなんです。

ダマスクローズの甘さを抑えるのが、墨汁によく似た香りのパチュリー。また、ラベンダーアングスティフォリアは、リラックス効果のあるやさしい香り。(1)~(4)のブレンドにより、甘く華やかでありながら、心がほどけ、親密さが増す香りになります」

 

■二人の関係を一歩先に進め“恋愛モード”を盛り上げるアロマ

(1)イランイラン

(2)ベンゾイン

(3)オレンジビター

(4)グレープフルーツ

「濃厚で甘い香りのイランイランは、インドネシアでは、新婚初夜ベッドまわりにまき散らすという風習があるほど催淫効果のある香り。また、ベンゾインもバニラによく似た甘い芳香のアロマです。

(1)~(4)をブレンドすると、最初はオレンジビターとグレープフルーツによる柑橘系のスッキリした香りがたち、時間が経つにつれ、甘く濃厚なお花の香りが漂いますよ」

 

出会いをつかむ“ひと目ぼれアロマ”、いかがでしたでしょうか? 合コンでは“初対面の彼を虜にする「印象力」を高めるアロマ”、デートでは“二人の関係を一歩先に進め「恋愛モード」を高めるアロマ”と使いわけても良さそうです。

大工原さんによると「アロマオイルには、香りを嗅いだ後、5分で血流中から芳香分子が検出され、また、お肌に直接塗布した場合でも、20分で芳香分子が検出されるという実験結果もある」とか。香りの力を賢く使って、ステキな出会いをつかんでくださいね。

 

【関連記事】

※ あなたはやってない?初対面で男に嫌われるNG態度10個【前編】

※ あなたはやってない?初対面で男に嫌われるNG態度10個【後編】

※ 実はアソコも見られてる?男が初対面で注目する点8つ【前編】

※ 実はアソコも見られてる?男が初対面で注目する点8つ【後編】

 

【取材協力】

※ 大工原忍・・・メディカルアロマスペシャリスト。講演・執筆活動、各種イベント企画、講座、サロン・病院のコンサルティング業務、アロマ商品の開発・監修などを行う。株式会社エクサスコーポレーション代表取締役。アロマセラピースクール運営