引っ込み思案な女子でもOK!モテるためのSNS活用術9つ【1/3】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

TwitterやFacebookでモテていそうな女子を見て、羨ましいと思ったこと、ありませんか? 実は、引っ込み思案なあなたでも、SNSを駆使してモテ女になることは可能なのです。

おとなしめの超アナログ生活から一念発起してSNSを使い始め、SNSを駆使して結婚し、なおかつSNSを活用して財務状況の良い会社を経営している星野有香さんに、引っ込み思案な女性にもできる“SNSでモテる方法”を聞いてきました。

ぜひ参考にしてみてください。あなたの人生が劇的に変わるかもしれませんよ。

 

■1:しれっとフォロワーの数を増やしましょう

「たとえフォロワーが10人しかいなくても、その先には果てしないと思えるほどの人と人とが広くつながっています。ですから、フォロワーのフォロワーなどをチェックして、少しでも気になった人がいたら、どんどんフォローしてみましょう」

Twitterのフォロワーは、相手に断りなくフォローしても、相手がさほど嫌がることはありません。まずは、相手をフォローすることが大切です。1人フォローしたら、その先に100人単位、あるいは1,000人単位の人がいます。その中には未来の旦那さんがいる可能性もゼロではないのです。

 

■2:会話への参加は“具体的な質問”で!

「フォロワーどうしがおススメのランチについて会話していた場合、“日替わりメニューはどのようなものがあるの?”など、“具体的に”質問をして会話に参加してみてください」

TwitterやFacebookでなにを発言して良いのかわからない。だから使わない。そういう女性は、“具体的に”相手に質問をすることから始めましょう。

合コンでも「はじめまして」だけでは、相手も「はじめまして」と返してくるだけで、その後の会話が続かないですよね?

 

■3:肩書きがないことを恐れない

「ソーシャルメディアでは、肩書き以外にも、個人に魅力があれば大きく人をひきつけることができます。著名人も一般人も肩書きに関係なく、対等にやりとりできるというわけです」

私はフリーターだし……とか、派遣社員だし……というように、自分の肩書きにコンプレックスを持たなくても大丈夫。

たとえば、発言がおもしろいとか、「素朴で素直な発言をするいい人だなぁ……」というような印象を男性に与えられれば、その先は男性がリードしてくれることもあります。

 

いかがでしたか?

星野さんが言うように、SNSでは意を決した積極的な自己PR(小学校のとき、教壇に立って自己紹介をするような)は必要なく、“しれっと”フォロワーを増やして、直接質問をするだけで、あなたに興味を抱く人が加速度的に増えるのです。ぜひ実践してみてくださいね! この項、次回に続きます。

 

【関連記事】

※ 引っ込み思案な女子でもOK!モテるためのSNS活用術9つ【1/3】

※ 引っ込み思案な女子でもOK!モテるためのSNS活用術9つ【2/3】

※ 引っ込み思案な女子でもOK!モテるためのSNS活用術9つ【3/3】

 

【取材協力】

※ 星野有香・・・スターシード株式会社代表取締役。1982年大阪生まれ。Twitterで1年間に7万人を超えるフォロワーを獲得。Facebookでは1年間で8,000人のファンを獲得。2011年にソーシャルメディアを活用したマーケティング、コンサルティング等を行うスターシード株式会社を設立。現在、数十社のアドバイザリーを務め、セミナー、講演、コンサルティングに奔走している。近著に『ソーシャルメディアを仕事に活かす本』(実務教育出版)がある。Twitterは@yukahoshino。 Facebookは『星野有香』

 

【参考】

※ 星野有香(2012)『ソーシャルメディアを仕事に活かす本』(実務教育出版)