> > 引っ込み思案な女子でもOK!モテるためのSNS活用術9つ【2/3】

おすすめ記事一覧

引っ込み思案な女子でもOK!モテるためのSNS活用術9つ【2/3】

2012/10/25 20:00  by   | 出会い

引っ込み思案な女性にもできる“SNSでモテる方法”をお伝えしています。

前回は、しれっとフォロワーの数を増やすこと、会話への参加は直接質問で行うこと、肩書きがないことを恐れないことの3つをご紹介しました。引き続き、SNSを駆使して友だちを増やし、結婚相手をゲットした星野さんに、おとなしめな女子でも無理なくできるSNS活用術を教えていただきましょう。

 

■4:実名登録

「“リアル”と“ネット”を区分けして考えるのはやめましょう。ソーシャルメディアでつながっているアカウントの向こうにはリアルな人間がいる、ということをつねに念頭においてください」

リアル社会において、名前や住んでいる場所などがわからない人が警戒されるように、ネット社会でも警戒されます。特に男性は社会性を重視する傾向があるので、実名登録はマストでしょう。

 

■5:リアルな友だちに対してつぶやくと、友だちが増える

「リアルな友だちと“新宿なう”などとつぶやきあっていると、リアルの面識がない人でも、“よくわからないけど楽しそう。自分も参加してみたい!”と思うようになるかもしれません。すると、ちょっと興味のある話題が出たときに、向こうからリプライがやってくることだってあるのです」

まずは、リアルな友だちと楽しそうに会話をすることで、男性陣の気を引くというのは、リアル社会でも同じかもしれません。

 

■6:“してもらいたい”ではなく“してあげよう”

「ソーシャルメディアの世界でも、まずは人のために行動すること。それがのちほどの自分に返ってくるのです」

「誰もフォローをしてくれないな」とネガティブに考える前に、自分からフォローするという姿勢が、多くの恋人予備軍を生み出す起爆剤になるのです。

 

いかがでしたか?

ソーシャルメディアの世界だけが、リアルな社会と切り離されて特別であるということは、なにひとつとしてないということです。リアルな社会でやっていることを、そのままソーシャルメディアのなかで実践するとモテ度が上がるということですね。最終回では、もっと具体的な実践法をご紹介します。

 

【関連記事】

※ 引っ込み思案な女子でもOK!モテるためのSNS活用術9つ【1/3】

※ 引っ込み思案な女子でもOK!モテるためのSNS活用術9つ【2/3】

※ 引っ込み思案な女子でもOK!モテるためのSNS活用術9つ【3/3】

 

【取材協力】

※ 星野有香・・・スターシード株式会社代表取締役。1982年大阪生まれ。Twitterで1年間に7万人を超えるフォロワーを獲得。Facebookでは1年間で8,000人のファンを獲得。2011年にソーシャルメディアを活用したマーケティング、コンサルティング等を行うスターシード株式会社を設立。現在、数十社のアドバイザリーを務め、セミナー、講演、コンサルティングに奔走している。近著に『ソーシャルメディアを仕事に活かす本』(実務教育出版)がある。Twitterは@yukahoshino。 Facebookは『星野有香』

 

【参考】

※ 星野有香(2012)『ソーシャルメディアを仕事に活かす本』(実務教育出版)

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'ひとみしょう'の過去記事一覧