> > キャバ嬢直伝!気になる彼のハートをつかむ「座りかた」2.0

おすすめ記事一覧

キャバ嬢直伝!気になる彼のハートをつかむ「座りかた」2.0

2011/01/28 19:00  by   | 出会い, 自分磨き

キャバ嬢時代は、アフター(お店が終わってから、お客様と一緒に遊びに出かけること)で行くことの多かったカラオケボックス。ここでも、座る席によって、彼といいムードになれるかどうかが決まるんですよね。まず、お気に入りの彼の隣は、絶対に死守するとして、受話器のそば・角席・テレビの真ん前、彼と一緒にどこに座るのがいいと思いますか?

カラオケボックスでは、暗がりと大音響の音楽のせいで、会話で男性の気を引くとか、女の子らしい仕草でアピールするテクニックが使えません。

受話器の近くは、ドリンクを注文したり、終了コールを受けたりと、何かと忙しいポジション。気が利く子アピールができるチャンス!…と考えがちですが、部屋は暗いし、みんな歌や選曲に夢中になっているので、他人のことなど眼中にないのが現実です。せっかく彼といい感じになったときに、電話が鳴って会話が中断・・・なんてことになる恐れもありますので、あまりオススメはできません。

 

角席は、自然を装ってお膝も触れ合えるし、常に彼の視界に入り込める特等席。これは、キャバクラと同じ原理ですが、暗いところでは、男女ともに「3割増し」に見えるもの。瞳孔も広がって、いつもよりウル目がちになるので、相手に顔を見せない手はありません。

あとは一緒に、電モクやドリンクメニューを覗きながら、「え?」「なになに?」と騒音で声が聞き取れないフリをして、グイグイ顔を近づけちゃいましょう。

 

テレビの真ん前に座って、画面を見ながら歌うと、誰にも歌っているときの顔を見られずにすみますよね。恥ずかしがり屋さんにはうってつけの席ですが、実は、歌唱中、高音を無理に出している表情は“イク”ときの表情に似ているとの噂…! セクシーな表情で男心を掻き乱すためにも、ここは外しておきたいところです。

 

いかがでしたか? 最後にひとつ、彼の隣を確実に陣取るには、一次会からカラオケボックスに移動する間も、彼の側を離れないこと。これは鉄則です。

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'斉田直世'の過去記事一覧