> > 夫婦の絆を取り戻すには「一緒にアレをする」のがオススメ

おすすめ記事一覧

夫婦の絆を取り戻すには「一緒にアレをする」のがオススメ

2012/11/22 21:00  by   | 結婚

今日は11月22日で“いい夫婦の日”。しかも紅葉シーズンまっさかりということで、夫婦でどこか旅行にでも出かけるにはいい時期ですよね。

オンライン旅行会社Expedia Inc.の日本語サイト『エクスペディア ジャパン』が、夫婦仲と旅行の関連性について、30代、40代、50代の既婚者の男女391名を対象にインターネット調査をおこないました。すると“旅行をすると夫婦の絆が深まる”という結果が得られました。

ではなぜ旅行をすると夫婦の絆が深まるのでしょうか? 他の調査結果の内容と合わせて紹介します。

 

■既婚者の約4割は旅先でパートナーに惚れなおす

調査によると、30歳代で39.1パーセント、40歳代で43.2パーセント、50歳代で44.6パーセントの既婚者たちが、「旅行に行ったときに夫もしくは妻に惚れなおした経験がある」と答えました。結婚期間が長ければ長いほど、旅行先で相手に惚れなおすことが多いようです。また男女別にみると、世代に関係なく男性の方が女性に比べて、惚れなおしやすい傾向がみられます。

 

■年に1回以上、旅行に行くと夫婦円満

調査によると、「旅行を通じて絆が深まった」と回答した夫婦は、全体を通して76パーセントにまでのぼります。また、年に1回以上旅行をしている夫婦の70パーセントが、「夫婦仲がとても良い」と回答しています。つまり、定期的に旅行に出かけることが、夫婦仲をよく保つには有効であることがわかります。

 

■旅行が夫婦円満に効果的な心理学的理由

いったいどうして、旅行が夫婦円満に効果的なのでしょうか? 同調査によると、惚れなおしたポイントについてたずねたところ、男性は「いつもと違う愛情表現に惚れなおした」という回答が多かったのに対し、女性は「旅先でのフットワークが軽いことに惚れなおした」という回答が多くみられました。

つまり、男性の場合、旅行が非日常的なこともあり、思わず妻が「好き」といってしまったことなどに惚れなおしているのだといえます。また、女性の場合、旅行先で何かトラブルに遭遇したとき、それをちゃんと解決した夫の姿をみて、頼りがいがあると惚れなおしたのだといえます。

心理学的には、男性には守ってあげたいという欲求や相手をコントロールしたいという欲求があります。慣れない旅行先だからこそ、男性が積極的にリードできることもあり、それらを満足させることができるんですね。反対に女性の場合、守られたいという欲求があるため、ちゃんとリードしてくれる姿をみて惚れなおしているのです。

せっかくの行楽シーズン。旅行の効果をうまく利用して、夫婦のドキドキを取り戻してみませんか?

 

【関連記事】

※ これで意中の彼と両想いになれる!「完璧なデート」テク5つ

※ これは効く!「インドア派な彼を外に連れ出す」最強テク

※ デート中バレずにこっそり男性の「本心」を見抜く方法

※ 男の「●●」を聞き逃すな!二度目のデートに繋げる簡単テク

 

 【参考】

※ 夫婦の旅行に関する意識調査 (エクスペディア ジャパン) – PR TIMES

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'平松隆円'の過去記事一覧