男性が「恋愛対象として見れなくなる」女性のNG言動8つ【3/3】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

『モテない男ナンパ塾&婚活塾』の主宰者である藤田サトシさんに“第一印象で恋愛対象外と判定される女の言動”についてお話を伺っています。

前回は、婚活会場で「何をしに来た」と聞く、学歴や年収を出会ってすぐ聞く、失恋経験など自分の恥を自ら晒す、などをお伝えしました。

では、今回は最後2つをご紹介しましょう。

 

■7:嫉妬深い

パーティーは自分と相性のいい女性を探す場です。そんな場であるにも関わらず、他の女性と会話していたり、仲良くなりそうな雰囲気を見ると嫉妬する女性がいます。そういう女性だって、他の男を会話しているのにそれはないですよね。

お互いに必要とする1人を探しにきているわけですから、そんなことで嫉妬される覚えはありません。

 

■8:仲良くなって、その後お酒等に誘うと断る

カップリングパーティーなどで仲良くなって、その後お酒等に誘うと「友達と帰るから」と言って断ってくるパターンもよくあります。カップリングパーティーでカップリングしておきながら、一緒にやってきた友達と帰るわけです。

確かに、女性同士の友情は重要かもしれません。しかし、子供でもあるまいし、出会いを求めてきている場で、どうして友達と帰るのでしょうか? そのメリットが男にはわかりません。断られた男は、「友達と帰るのだから自分には気がない」と判断して、他の女性を誘うことになるでしょう。

出会いを求めてきているのであれば、友達同士で「事前にいい人と出会えたらその人と帰る」という事前打ち合わせをしておいてほしいですね。

 

いかがでしたか? 男性に興味をもってもらえるけど、その後がなかなか続かないとお悩みの方は、自分に当てはまることはないかどうか、もう一度よく自分を振り返ってみるといいかもしれませんね!

 

【婚活女のNG言動】

※ 男性が「恋愛対象として見れなくなる」女性のNG言動8つ【1/3】

※ 男性が「恋愛対象として見れなくなる」女性のNG言動8つ【2/3】

※ 男性が「恋愛対象として見れなくなる」女性のNG言動8つ【3/3】

 

【取材協力】

※ 藤田サトシ・・・年間延べ1,000名以上の受講者がある『モテない男ナンパ塾&婚活塾』塾長。著書『モテ・バイブル』他多数。2010年発売の『モテる会話』が好評のため、2012年7月、文庫本『モテる会話』が再刊。