男の本音大調査!初デートの「お店選び」と「支払い」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

合コンで出会った男性に一目惚れしちゃったMさん(29才・化粧品会社)。お相手は40才の国家公務員。運よく、彼のほうもMさんのことをよく思っていたようで、デートの約束が成立しました。

ところが! 日時を決め、お店を決める段階になったとき、その男性は、お店選びをMさん任せにしたそうです。この時点で、Mさんの気持ちにかげりが……。Mさんいわく「本当は、男性に決めてほしかった」とのこと。

 

女性の中には、

「お店は変なところにされちゃうとイヤだから、こっちで決めたい!」(30才・化学薬品メーカー)

「行きたいところがあるから、私が決める!」(29才・編集者)

といった意見もありますが、Mさんのように「初デートは、男性にリードされたい」という女性は多いですよね。

 

その理由として挙げられるのは以下の2つ。

【1】彼がセレクトするお店の場所や雰囲気、値段、センスも、彼がどんな男性か判断する材料のひとつになる

【2】私のことをどう思っているのかとか、どういう対象として見られているのかがわかる

 

「リードされたい」と言ったって、なにも高級レストランに連れていけと言ってるわけではないのです。たとえカジュアルなお店だったとしても、「普段からきっとおいしいものを食べているんだろうけど、たまにはこういう庶民の味もどう? ここの○○が絶品で、きみにも食べてほしくて!」といったプレゼンを上手にすれば、庶民派なお店でも女性の心をガッチリつかむことができますものね。

要は、おもてなしの心があるか否か。結局、Mさんはその男性と食事に行ったはいいけれど、支払いもワリカンにされてしまい幻滅……しかし、彼のほうはその気がまだあったのか、二度目のデートのお誘いがあったのですが、Mさんはお断りをしたそうです。

 

では、この初デートの店選びと支払いについて、男性たちはどう考えているのか、本音を聞いてみました。

 

「男性から誘っておいて、お店を決められない、支払いはワリカンっていうのはないな。それは男として恥ずかしい」(31才・通信会社)

「確かに、初デートの店選びってすごく緊張する。でも、センスの見せどころでもあるから、一生懸命選ぶ。相手が好きな女性ならね」(28才・美容師)

「仮に女性から誘われたデートだったとしても、相手から提案がなければ、お店とかはこっちで選びますね。初デートだとしたら尚更。もちろん支払いもしますよ、もういい大人ですから…」(33才・編集者)

「相手が、恋愛感情のない女性だったら店選びも支払いも任せてしまう部分はあると思う。でもそれは、二度目のデートはないよという意味でもある」(29才・会社員)

「金欠で自分で支払いえないときは、初デートなんかに誘わない。ってゆーか、カッコ悪くて誘えない」(28才・クリエーター)

 

などなど、男性たちから見ても、この国家公務員の女性任せな行動には、『ナシ派』が多いようです。初デートで、店選びと支払いを女性にも負担させる男性、あなたはアリですか? ナシですか?