おうちデートで出すと「彼がものすごく喜ぶ飲み物」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

2月に入ると、もうバレンタインはすぐそこ。2月14日に幸せなひとときを過ごすためにも、いまから彼との仲を深めておきたいですよね。

以前、『Menjoy!』に掲載された「これで即オチ!男性を料理で喜ばすためのポイント5つ」という記事では、彼の心を動かすポイントとして“お茶グッズにちょっとこだわる”が紹介されていました。

ここはひとつ、おうちデートでも、こだわりのあるお茶を淹れるのはいかがでしょう? そこで今回は、ティーコンシェルジュの遠近由美子先生に“彼のタイプ”にあわせたハーブティーを教えていただきました!

 

■1:体育会系の彼には、スッキリした“オレンジピール”

「甘い香りのお茶が苦手な体育会系男性には、ビターオレンジの皮を乾燥させた“オレンジピール”のハーブティーがおすすめ。柑橘系の爽やかな香りで、男性にも飲みやすいんです。濃いめに抽出した“オレンジピールティー”に、ジンジャー、はちみつをプラスし、炭酸で割ると、スッキリした“オレンジジンジャーエール”が出来上がります!」

“オレンジピール”にはビタミンCがたっぷり含まれているそう。「ビタミンCが入っていて体にいいよ」と彼の体を気遣いながら淹れてあげましょう。

 

■2:穏やかな文系の彼には、恋の刺激を与えてくれる“キャラウェイ”

「いつも穏やかで優しい、文系タイプの彼に刺激を与えたいなら“恋のスパイス”と呼ばれるハーブ“キャラウェイ(キャラウェイシード)”を。ハーブティーにすると、ほんのりした甘みと、独特のスパイシーさが楽しめます。ホットケーキミックスに混ぜて、パンケーキにするだけでも、ちょっぴり大人の仕上がりに」

“恋人同士が盛り上がるための媚薬”とも呼ばれているハーブ。バレンタインで、お家デートのスパイスにしてみては!?

 

■3:ロマンチストなアート系の彼には、ムードを高める “ローズレッド(ペタル)”

「雰囲気づくりにこだわる、ロマンチストの彼には、“赤いバラの花びら”のハーブ、ローズレッド(ペタル)を。上品な甘い香りと、華やかなバラのハーブで、デート気分を高めてくれます。お酒好きの彼なら、いつもの紅茶にローズレッドをブレンドし、ブランデーをスプーン一杯入れるのもおすすめ。食後のお茶にぴったりです」

また、ローズの香りには“男性を生理的にドキドキさせる”という成分が含まれているという説もあるそうです!

最後に、誰にでもおすすめのいつもの紅茶を刺激的にするハーブを。「妖艶な香りの“クローブ”を、紅茶に1粒浮かべれば、甘い刺激のある紅茶になります。そこにはちみつを入れ、ミルクティーにして、夜2人でいただくのもいいですよ」と教えていただきました。

 

彼のタイプにあわせたハーブティー、いかがでしたか? 寒くて外に出たくないこの時期、お家デートで温かいハーブティーを彼に淹れてあげれば、女性らしさもアピールできそう。ぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ これでぐっすり眠れる!ストレス緩和のハーブティー7つ

※ すぐできる!二日酔い解消のハーブティ&アロマまとめ

※ これは驚き…医薬品よりハーブティーが肌の「糖化」防ぐ!

※ なんと飲むだけで予防に!「風邪に効くハーブティー」ベスト5

 

【取材協力】

※  遠近由美子・・・ティーコンシェルジュ。ティーコンシェルジュ協会認定 麻布校 校長/講師。ラジオDJ、タレントとしても活躍。開催するティーコンシェルジュ講座は、開催されるたびに抽選になるほど人気。小説サイト『Berry‘s Cafe』で、エッセイ「ハーブの魔法~一杯のお茶が幸せを運ぶ~」連載中。