> > バレンタインを敵視する「非モテ男性」の最低な行動3つ

おすすめ記事一覧

バレンタインを敵視する「非モテ男性」の最低な行動3つ

2013/02/03 12:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

いよいよバレンタインが間近に迫ってきました。クリスマスについで、カップルムードが高まる時期ですが、なかには「チョコレートをもらう予定がない」という男性もいますよね。

女性は、“あげる男性”がいなくても「自分にご褒美」などと言い切り、ちょっぴり高いチョコレートを買ったり、友達同士で“友チョコ”の交換をしたりして、結構楽しめるもの。でも、“チョコレートをもらえない男性”は、そうはいきません。ときには、厄介に絡んでくることも……。

そこで今回は、過去『Menjoy!』に掲載された、「非モテ男性にありがちなバレンタインの行動10パターン【前編】【後編】」を参照に、非モテ男性にありがちなバレンタインの最悪行動&対策をまとめてお届けします。

 

■1:バレンタインに悪態をつく男

「菓子企業の陰謀」とバレンタインを貶める男性もいます。たしかに、バレンタインはお菓子の“売り時期”。でも、そんなことは、みんなわかっていて楽しんでいるのです。

下手に反論しても「企業戦略に踊らされている」と言われるだけ。バレンタインを毒づく男性に遭遇したら、「本当ですよねー」と同調して流しておきましょう。

 

■2:“友チョコ”女性に八つ当たりする男

女性の友人同士でチョコレートを交換する“友チョコ”。2月14日に、友チョコを楽しむ女性たちを目の当たりにして「あげる男もいないなんて、かわいそうな女たちだ」なんて口にする男性も……。

まず、本命がいても友チョコはします。一方、彼がいない女性にとって、それは真実かもしれません。でも、パッケージのかわいさや、チョコレートの珍しい味など感想を言い合うなら、確実に女同士のほうが盛り上がれるもの。

あまりにしつこければ「●●さんも味見します?」とひとつだけチョコレートを渡しておきましょう。基本的に、バレンタインにチョコをあげない男性の前で、友チョコの交換をしないのが鉄則です。

 

■3:チョコレートを渡してくる女は“ホワイトデー目当て”と目の敵にする男

「女はみんな3倍返しを狙っている」と警戒する男性。気持ちはわかりますが、値の張るアイテムを期待されるのは、それなりに深い関係にある男女だけでは……?

こういった“警戒男性”に、仕事のしがらみ上、義理チョコレートを渡さなくてはいけない場合もあります。そんなときは「ホワイトデーは●●をお願いします!」と明るく言い切ってしまったほうがいいのでは。

もちろんあげた値段と同じぐらいのもので。「同じ部のAさんに渡して、この人にはあげない」という訳にはいかないのですから……。

 

いかがでしたか? せっかくのバレンタイン、非モテ男性の攻撃をかわして、イベントを楽しんではいかがでしょう。

 

【バレンタイン特集】

※ なんと「何もしない」のが普通!? バレンタインのお返し事情

※ チョコ無しでバレンタイン気分!「チョココスメ」ベスト3

※ ひと味違う「チョコとの相性も美肌効果も」抜群な飲み物

 

【画像】

by:tanakawho

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'黒井まりこ'の過去記事一覧