> > 今日から気軽にすぐ使える!心理学に基づいた8つの恋愛テク【後編】

おすすめ記事一覧

今日から気軽にすぐ使える!心理学に基づいた8つの恋愛テク【後編】

2013/02/06 19:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

心理学に基づいた恋愛テクニックの中で“今日からでも気軽に試せるシンプルなもの”だけを、恋愛・結婚マッチングサイト『match.com』の「すぐに使える!恋愛心理テクニック」という記事を参考にご紹介しています。

恋愛のみならず、ビジネスや友人関係にも応用できそうなテクニックを、前編に引き続き、見てゆきましょう。

 

■5:ラベリング効果

こちらは、すでに交際しているカップルも使えるテクニックです。「あなたって、●●タイプな人だよね」というレッテルを貼ることによって、相手に暗示をかけて、長所を伸ばしたり短所を抑えたりする作用のあるテクニックです。

「あなたって、A型だから真面目なタイプだよね」など、彼に“こうなって欲しい”と思う姿を意識してもらうことによって、その理想に無意識に近づいてくれるかもしれません。

 

■6:単純接触効果

同じことを何回も繰り返すことによって、良い印象を持ち、好意に変わることです。

友達同士のようなカジュアルな接触でも、回数を重ねるうちに親近感から好意を抱きやすいので、電話やメール、職場仲間なら軽いランチや駅まで一緒に帰るなど、重くない接触を増やすことによって“いないと寂しい”存在になれるかもしれません。

 

■7:ミケランジェロ現象

“彫刻は石を彫り出してつくるのではなく石の中にもともと眠っている”というミケランジェロの思想に基づき、パートナーの目標や理想を把握して、それに近づけるためのサポートをすることによって、無くてはならない存在になれるという考え方です。

「あなたの夢を応援する」と言う姿勢を見せつつ、具体的な提案をしたり、協力をすることによって、“糟糠(そうこう)の妻”のようなパートナーになれるかもしれません。

 

■8:系列位置効果

話す順番によって、話全体のインパクトが変わり、前半よりも後半に話す内容の方が心に残りやすいという考え方です。

“覚にくい英単語は最初と最後に覚える”など、勉強法などにも応用されています。小説や映画、漫才などでも使われる手法で、最後の“オチ”が鮮烈であればあるほど、相手の心に強く訴えることができる……。

伝えたいことがある時は、話をいくつかのパートに分けて、最後に本当に伝えたいことを言うようにすると、印象に残りやすいようです。

 

いかがでしたか?

恋愛心理テクニックと言っても、相手を思いのままに操って楽しむような邪なものではなく、「自分のことを好きになってもらいたい」「相手にも楽しく前向きな恋をしてもらいたい」という健康的な気持ちで気軽に試せるものも、たくさんあるようですね。

今回参考にした『match.com』の記事には、他にもテクニックが紹介されていますので、気になる方はご参考に。

相手の心理を知ることは、相手の気持ちを思いやることにもつながりそうなので、「効果があったらラッキー」くらいのカジュアルな気持ちで楽しんでみてくださいね。

 

【心理学的テク】

※ 出会って12分で「付き合いてぇ!」と思わせる心理学テク

※ 食事中にアソコを見るだけ!男の好意を見抜く心理学テク

※ テレ屋さん必見!彼との距離を縮める心理学テクニック

※ 心理学的に有効な「ケンカ後うまく仲直りする」最強テク

※ 思わず納得?「長男のオトコ」を心理学的に攻略するテク

 

【参考】

すぐに使える!恋愛心理テクニック – match.com

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'星 花'の過去記事一覧