> > 男性が困ってしまう女性の「NG断り文句」8パターン【前編】

おすすめ記事一覧

男性が困ってしまう女性の「NG断り文句」8パターン【前編】

2013/02/03 18:00  by   | 男性心理

男性にデートのお誘いを受けたけど、どうも気がのらない。そんな時、あなたは何と言って断りますか? 何気なく言ったあなたの断り文句が、あなたにそのつもりはなくとも、男性をひどく困惑させているかもしれません。

というわけで、今回はライフスタイル・ジャーナリストの吉野ユリ子さんに、男性が困惑してしまう女性の断り文句8パターンを教えていただきました。今回はまず、4パターンをご紹介します。

 

■1:「ちょっとスケジュールわかんない」「なんか最近バタバタしてて」

スケジュールをよく調べもせずに、あるいは「●月●日ひま?」とピンポイントで聞いたわけでもないのに、曖昧な理由で断られると、男性は悶々とした気持ちになります。こんな返事をされたらこれ以上突っ込むこともできませんし、だからといって引くに引けない……。断るならもっとはっきり断ってほしい、と思うはずです。

 

■2:「え、他に誰が行く?」「みんなでだったら行きたいな」

みんなで行くつもりで誘っているわけではないとわかっているはずなのに、こんな返し方をしてくるなんて「ずるい」、と男性は思ってしまいます。ガッツがある男の子でも、酔っぱらった勢いじゃないと「2人で行こうよ!」なんてゴリ押しできませんから。

 

■3:「観たいテレビあるから……」

「いまどきそんなにテレビを真剣に見ている子なんているの? 録画すればいいじゃん!」など突っ込みたくなるとは思いますが、それ以前に「わざわざ勇気を出してデートに誘っているのに、俺はテレビに負けるのか……」というショックが大きいかもしれませんね。

 

■4:「いいですよー」(と言いながら、当日ドタキャン)

その場では「いいですよー」「ぜひー」などと言うくせに、当日になって「なんか急に仕事入っちゃって」「ちょっと風邪っぽいから」などと、ウソかもしれないし、ホントだったらかわいそうだけど確かめる方法もないような理由を並べられた時は、高まった気持ちのぶつけどころがなく、やはり悶々としてしまいます。

せっかくレストランを予約したり、そこまでしないまでも映画や店など行先をシュミレーションして気分が高まっていただけに、ショックが大きい。「仕事のあとは?」「お見舞い行こうか?」と前のめりになるエネルギーの残っている男の子はなかなかいません。

 

いかがでしたか? まだまだ続きますので、残り4パターンは後編でお楽しみください。

 

【関連記事】

※ 評判がた落ち!職場でうっかり使うと危険なNGフレーズ7つ

※ 気を付けて!男性からの「信頼をなくす」NGワード4つ

※ 嫌われる原因!男が不満に思っている女のNGな話し方8つ

※ これだけはNG!男が死ぬほど嫌がる「女の口癖」トップ5

※ 東大卒男性に言ってはいけないNGフレーズ8個

 

【取材協力】

吉野ユリ子・・・ライフスタイル・ジャーナリスト。アシェット婦人画報社(現ハースト婦人画報社)でファッション誌編集などを経てフリーに。女性誌や広告を中心に、インタビュー、結婚&恋愛、美容、カルチャー、ウェルネス、食などの分野で、女性たちがハッピーに過ごすための提案をしている。

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'小野陽'の過去記事一覧