若い女性にとても多い「買い物依存症」から抜け出す方法【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

仕事が忙しく彼とうまくいっていない……。そんなとき、あなたはどうやってストレスを発散していますか?

お酒を飲んだり、友達と出かけたりする人もいますが、買い物をして気分を発散させる女性も多いはず。気がつけば「今月は支払いがキツイ」と給料日前にピンチになることも!

そして気をつけなければならないのが、特に欲しいわけでもない物をカードの限度額いっぱいまで買ってしまう“買い物依存症”の方たち。

なぜ女性は、買い物依存症に陥りやすいのか? 今回は心理カウンセラーのあさくらゆかりさんに、女性の買い物依存症について伺いました。自分は大丈夫と思っているあなたも、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

■買い物依存症とは?

女性に多い買い物依存症には、以下のような症状が見られるようです。あなたに当てはまる項目はありますか?

(1)特に欲しいわけでもないのに、服やブランド品を次々と買ってしまう

(2)お金がなくても、借金をしてまで買い物をしたくなる

(3)買ったものを身につけたり、使用することが少ない

(4)購入したものはたいてい放っておく

(5)日常生活の不満やストレスが多い

(6)いけないと思っていても買い物を辞められない

依存してしまう女性は、買い物をすることが快感で、なかなかやめられないのです。

 

■買い物依存症の快感のツボとは?

あさくらさんは、女性に多い買い物依存症の快感のツボは“お姫様扱いされること”だと言います。

男性が、プラモデルのような大好きな趣味の品物を箱買いしたり、安い品物をかかえきれないほど購入して快感を得たりというのは、女性では稀なのです。

一方、買い物依存の女性はたいてい店員さんがいる高級店で、買い物をすることが多いです。それは“お姫様のように”扱ってくれるからです。

居心地の良い店内では、「いらっしゃいませ」から始まり「こちらはいかがですか? とてもよくお似合いです」と褒められ、「ありがとうございました。またぜひお越しくださいませ」と姿が見えなくなるまで頭を下げていますよね。

これ以上の“お姫様扱い”が他にあるでしょうか? 女性はこのような扱いを快感だと感じてしまうのです。

 

いかがでしたか? 次回・後編では、なぜ女性はお姫様扱いされたいのか、女性の心理により迫っていきます。ぜひチェックしてみてくださいね!

 

【関連記事】

※ 目を逸らさないで!本当はとても怖い「砂糖依存症」の症状

※ 気を付けて!意外と恐ろしい「買い物依存症」の兆候5つ

※ 激太りにつながる「炭水化物依存症」の恐ろしい症状5つ

※ あなたは大丈夫?スマホ依存症のかなり危険な症状7つ

※ 当てはまったら要注意!「パソコン依存症」な人の特徴5つ

 

【取材協力】

※ あさくらゆかり・・・心理カウンセラー、メンタルケアセラピスト。2006年より、株式会社kikiwell運営の『キキウェルメンタルヘルスサービス』に所属。翌年にはうつ病専門の電話カウンセリングルーム『ユカリズルーム』、お母さん専門の電話カウンセリング『スマイルルーム』を立ち上げ、室長を務めている。著書は『はげます技術』(サンマーク出版)。ブログは『うつ病電話カウンセラー あさくらゆかりのブログ』。