> > 恋人と復縁したい時の「ベストタイミング」が明らかに!

おすすめ記事一覧

恋人と復縁したい時の「ベストタイミング」が明らかに!

2013/02/27 12:00  by   | カップル, デート, モテる女, 出会い

みなさんは、元恋人と復縁したいと思ったことはありませんか?

別れてすぐに後悔しても、プライドが邪魔してなかなかアプローチできなかったりしますよね。中には、最悪なタイミングで復縁アプローチをしてしまい、2度も失恋した気分を味わっちゃったという人もいるかもしれません。

今回は『gooランキング』の「元恋人と復縁したいときにとる方法ランキング」から、復縁したいときにみんながとってしまう行動を見ていきます。

 

■5位:間違ったフリをしてメールを送る

“間違ったフリ”というところに、気の小ささとプライドを感じますね。

まずは小手調べのつもりで、無視されるか反応があるかを確認するだけならいいかもしれませんが、つまらないプライドは復縁話の障害にしかなりません。せっかくなら、普通にメールを送ったほうが、感じが良さそうです。

 

■4位:飲みに誘う

これぐらいストレートなほうが、断るにしろ行くにしろ、相手も反応しやすそうです。別れた原因や関係性にもよりますが、険悪でないようなら、お酒の力を借りて本音が語れそうです。

ただし相手が警戒している場合、お酒の席には来てくれない可能性もあります。その場合は、最初はお茶くらいのほうが良いかもしれません。

 

■3位:食事に誘う

昼間の食事であれば、気負わずカジュアルに誘えそうです。ランチくらいなら友達同士でも気軽に行きますし、職場や学校関係の繋がりであれば、ランチに誘い出すのも、爽やかで良さそうですね。

 

■2位:共通の友人に相談する

相手のことをよく知る友人に相談することで、今恋人がいるのかどうかもリサーチできますし、もしお相手も未練を持っていた場合、友達が協力してくれるかもしれません。

逆に、再アプローチが迷惑な場合はそのように教えてくれそうなので、あきらめるきっかけになるかもしれません。ただ、相談相手次第では余計こじれるので、人選は身長にしたほうが良さそうです。

 

■1位:誕生日にメールを送る

たとえ昔の恋人でも、記念日を覚えてくれているのは嬉しいものですね。“おめでとうだけ伝えたかった”と言う下心の無いメッセージを見れば、憎み合って別れた2人でなければ、ほとんどの人が少し懐かしく思うものだと思います。

その後の展開を期待しすぎず、素直な気持ちでお祝いメールを送ってみるのもアリかもしれません。

 

いかがでしたか? 恋愛系心理コーディネーターの織田隼人さんが運営する、男と女の心理の違いを鋭く解説するサイト『男心と女心』によると、“復縁には半年の我慢”が必要だそうです。

<男性は、思い出を「物事」をベースに記憶します。(中略)女性はというと、思い出を「感情」をベースに記憶します。

男性は「物事」ベースの記憶をするため、時間が経てば別れるときのイヤな感情も忘れてしまうのです。だから、半年待てば、復縁の可能性が上がるのです。

時間が経つことにより、付き合っていた頃の思い出のイヤな部分が消され、「デートをした」という事実から思い出す、良い思い出だけが残されるのです。

別れてから、月に1回ずつメールを打った場合、半年後に復縁する可能性はかなり低いです。しかし、一切の連絡を絶っていれば復縁する可能性は高くなっています。>

「半年もあけて新しい恋人ができちゃったらどうしよう?」と思うかもしれませんが、新恋人ができる可能性は、1週間でも1ヶ月でも同じことです。

もちろん、痴話ゲンカのような別れなら、すぐに謝って早めに修復することがベストですが、完全に別れてお相手の態度も硬化している場合は、半年近く間をあける。

そして、その間に自分を磨き、他の異性にも目を向けつつ、“自分は本当に復縁したいと思っているのだろうか”という本心を確認する……。

そんな風にお互いクールダウンした半年越えて、元に戻ることができたなら、同じ過ちを切り返さない強い絆ができるかもしれません。

 

【復縁シリーズ】

※ 要注意!「復縁しても幸せになれない」男の特徴5パターン

※ 女性は復縁のために「妄想した方がいい」意外な理由5つ

※ 高嶋・美元夫妻から学ぶ「復縁を絶対不可能にさせる」NG行動5つ

※ 復縁の女神がこっそり教える!愛を取り戻すための掟5つ

※ スマホの無料アプリでうまく復縁のきっかけを作る方法

 

【参考】

復縁には半年の我慢 – 男心と女心

元恋人と復縁したいときにとる方法ランキング – gooランキング

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'星 花'の過去記事一覧