> > 彼と喧嘩をする時「使っちゃいけないアウトな言葉」11個【3/3】

おすすめ記事一覧

彼と喧嘩をする時「使っちゃいけないアウトな言葉」11個【3/3】

2013/03/21 22:00  by   | 男性心理

彼とケンカをするとき言ってはいけない言葉を、いつも言葉を遣って巧みに男心をくすぐっているキャバ嬢・綾香さんにご紹介していただいています。

前回は「男らしくない」とか「ほんとウザイ」など、男性が思わず凹んでしまう女性のひと言についてご紹介しました。今回は、「え? こんな言葉で男性は凹むの?」という意外な言葉について紹介します。

さっそく見ていきましょう。

 

■8:「なにをそんなに怒ってるの?」

「これを言うと、男性の怒りはますます深いものになるそうです。本当のことを言われると、人はカッとなるということでしょうか。

きっと“なにをそんなに怒ってるの?”と言うより“私、なんか悪いことした?”くらいのかわいらしい言い方のほうがいいのかもしれません」

たしかにそのとおりですね。

 

■9:「信じられない」

「信じられないという言葉が、男性にとってNGだとは、にわかに信じがたいのですが、男性は女性の“信じられない”という言葉が嫌いみたいです。おそらく“あり得ない”もおなじだと思うのですが、思考の圏外にされてしまうのが、男性的にイヤなのかもしれません」

かわいい彼女の“思考の圏内”にいたいのが男なのでしょう。

 

■10:外見に対する悪口

「これは女性も言われたらイヤですよね。でも感情的になるとつい外見に対する悪口を言ってしまいがちですよね。男女とも気をつけたいなと思います」

たとえば身長について、男性は女性に高めに修正申告していたりすることもあるので、外見のことは言わないほうがいいかもしれません。

また、イケメン=遊び人という感じでとらえて、「イケメンだから許されると思ってんの?」などと嫌みを言うのも、一種の逆差別になるでしょうね。

 

■11:無言

「男性は女性がすべての言葉を放棄して無言になるのが一番怖いし困るそうです。これを知っていれば、カップルにおいてなにかと女性が主導権を握れそうですね」

そうですね……。無言も言葉のうちということでしょう。

 

いかがでしたか?

「カップルでケンカをするというのは、お互いに理解を深めたいからという理由もあるはずです。でなければケンカしないですもんね」と、綾香さん。

綾香さんにご紹介いただいた11の言葉を振り返ってみると、綾香さん自身が毎晩接客をしているうちに、言葉の持つ温度感やニュアンスをうまく捉えているようです。

3回にわたってご紹介した言葉をうまく使うと「今日は8割がた彼氏をやり込めようかな」とか「今日は完敗させようかな」とか、あなたの意図のとおりに口ゲンカができるかもしれません。

 

 【関連記事】

※ 彼と喧嘩をする時「使っちゃいけないアウトな言葉」11個【1/3】

彼と喧嘩をする時「使っちゃいけないアウトな言葉」11個【2/3】

彼と喧嘩をする時「使っちゃいけないアウトな言葉」11個【3/3】

 

【取材協力】

※ 綾香・・・川崎にあるキャバクラ『ジャック・ダニエル』に勤務。20歳にして店のナンバー2であるチイママに抜擢される。昼間は大学生として幼稚園の先生になる勉強をしている。

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'ひとみしょう'の過去記事一覧