> > ほぼ半数が「結婚しなくてもよい」と考えている理由が判明

おすすめ記事一覧

ほぼ半数が「結婚しなくてもよい」と考えている理由が判明

2013/04/08 19:00  by   | 結婚

先日、30代の人気女優・観月ありさがドラマの会見で「結婚しない人生を選ぶこともあるのかな」と発言し話題になりました。未婚の方の中には、結婚相手を探し中という人もたくさんいますが、そもそも“結婚願望があまり無い”方も、けっこう多いですよね。

まだまだ自由でいたい人が多数の20代のみならず、30歳以上にも“結婚したくない”男女が少なからず存在するようです。今回はそんな、大人の“結婚したくない派男女”の実態について、見てゆきたいと思います。

 

■結婚したくない派の割合は?

ネット婚活サイト『match.com』調べの統計結果によると、30代~44歳の独身男女のうち、44.6%の人が「まだ結婚しなくてもよい」と考えているそうです。ほぼ半分近い割合ですね。

30代~44歳と言う年代は、仕事好きの人々にとっては、出世したり部下ができたり、ちょうどおもしろくなる時期で、自由になるお金や経験も増え、なかなかそれを手放し難くなるのかもしれません。

男女ともに平均的な初婚年齢に達する30歳前後に、一度熟考の末、人生の方向性を“シングル”に決定した結果、ちょうど迷いを吹っ切れて、“1人だからこそできること”に邁進している時期なのかもしれませんね。

 

■未婚が多いのはやっぱり都会?

日本人の平均初婚年齢は、男30.5歳、女28.8歳ですが、東京都だけに絞ると、男31.8歳、女29.9歳と全国平均よりやや高くなっています。

また『ダイヤモンドオンライン』の「未婚の女性が多い街」という記事で紹介されているデータによると、東京23区で25~44歳女性の未婚率が一番高いのは渋谷区とのことです。都会であればあるほど、職業やライフスタイルの選択肢も増えて、シングルライフがより魅力的になるのでしょうか?

都会のほうが家賃や土地代が高いことを考えても、経済的にも余裕のある層が多く、1人の生活でも、家事などの不便を感じない人が多いのかもしれません。また、周りに未婚の同世代が多いと、プレッシャーが少ない面もありそうですね。

 

■未婚でいる理由は?

『match.com』によると、独身でいる理由について、男女ともに1位は「理想の相手と出会っていない」、女性の2位は「結婚する必要性を感じない」、女性の3位は「異性と知り合う機会がない」、一方、男性の2位は「異性と知り合う機会がない」、男性の3位は「結婚する必要性を感じない」、という結果になっています。

年齢が高くなるにつれ、“妥協して結婚した結果、別れてしまった”という事例を目の当たりにして、「それくらいなら無理に結婚しなくても」という気持ちになるのかもしれませんね。

 

いかがでしたか? 大好きな人と一緒に暮らせる結婚生活は良いものですが、自由な青春が長続きする未婚派の生活もまた、魅力的に思えます。特に都会には、縛られたくない派の男女が楽しめるコンテンツが無数にあるので、一見そうは見えない意外な人物が“未婚派”だったりして驚かされることも?

自分自身が“未婚派”である場合はさほど問題は無いですが、真面目そうな彼氏が実は“未婚派”だった、なんていうことも、都会ではままありそう。結婚願望がある適齢期の女性は、交際する前に、結婚する意志はあるのかどうか、彼に確認しておいたほうが安心かもしれませんね。

 

【関連記事】

※ こんな結婚式は絶対に嫌!正直ドン引きな演出ランキング

※ 話題の三平女子が求める「結婚式の新しいカタチ」とは?

※ 自分史上「最高の美人」になれる!結婚式お呼ばれ用メイク3つ

※ いま結婚のメリットが注目されている本当の理由とは?

※ これは画期的!「彼と結婚してもいいか」わかる相性診断

 

【参考】

未婚の女性が多い街 – ダイヤモンドオンライン

愛の調べ~結婚観編~ – match.com

観月ありさ「結婚しない人生もある」 – 日刊スポーツ

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'星 花'の過去記事一覧