> > 当てはまると危険!仕事中毒になりがちな人の特徴5つ

おすすめ記事一覧

当てはまると危険!仕事中毒になりがちな人の特徴5つ

2013/04/18 12:00  by   | 出会い

あなたのパートナーは働き過ぎではないですか?

仕事を頑張ることは素晴らしいことです。しかし、私生活の多くを犠牲にしてまで仕事に打ち込んでしまう“仕事中毒”になると問題です。また現代では男性のようにバリバリ働くキャリアウーマンも多く、仕事中毒になる女性も増えているようです。

そこで今回は、セラピストの紀野真衣子さんに、仕事中毒の人の特徴をお聞きしましたので、ご紹介していきます。あなた自身や、あなたのパートナーに当てはまる特徴がないか、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

■1:忙しくしているほうが楽

自由な時間ができてしまうと「何をやっていいかわからない」と不安になってしまう。

「やりたいこと」が明確になっておらず「やらなきゃいけないこと」を常に探していないでしょうか。

 

■2:今できることは今すぐやらないと気が済まない

期限を守るのは大事なことですが、まだ余裕があるのにプライベートの時間を削ってまで仕事に没頭しているのなら要注意!

家族や友達、パートナーと一緒に過ごす時間も大切にしてくださいね。

 

■3:頼るより頼られるほうがいい

自分のやるべき仕事でなくても、頼まれたら断れない。そして、人に頼むのは苦手……。

なんでもかんでも抱え込むのではなく、時には断ることが大事です。また、人に頼むときは「申し訳ない」という気持ちからではなく「見せ場を与えている」のだと思って任せてみてはいかがでしょう。

 

■4:自分に厳しい

人から褒められても「いや、まだまだです」と言ってしまう。あなたはどうなったら自分を認めることができるのでしょうか?

人の頑張りを見て「凄いな」「偉いな」と思う気持ちがあるのでしたら、自分のことも褒めてあげませんか?

 

■5:自己価値が低い

「仕事を頑張っている自分」でなくなったときを想像してみてください。どんな気持ちになりますか?

ネガティブなイメージしか湧かない場合、あなたは「ありのままの自分」には価値がないと思っているのかも知れません

 

以上、仕事中毒になってしまいがちな人の特徴を5つ紹介しましたが、いかがでしたか?

「“他にできることもないし、仕事くらい頑張らなきゃ”そんな気持ちから身を粉にして頑張っていては、いずれ身体を壊してしまいます。すぐに行動を変えるのは容易いことではないかも知れません。しかし、自分をいたわり、“自分は何がしたいのか”を意識するだけでも気持ちは楽になるでしょう」と紀野さん。

仕事に熱心であることは素晴らしいことですが、たまには息抜きしてメリハリをつけることも重要。あなたのパートナーがもし仕事中毒になりかけているなら、「一度きりの人生、仕事だけに依存するのではなく、他のことにも目を向けてみては?」と伝えてみましょう。

 

【関連記事】

※ 主婦必見!ママ友から羨ましがられるダンナさんの職業5つ

※ 男性が「あわよくば結婚してぇ!」ってなる女性の職業5つ

※ どれも辛そう…「ストレスの高い職種ランキング」トップ10

※ どれも思わず納得…「うつ病にかかりやすい職業」トップ10

 

【取材協力】

※ 紀野真衣子・・・カウンセラー・セラピスト。「自由なヒロインになって思い通りの人生を創る」がコンセプトの“ヒロインセラピー”を行う。潜在意識に働きかけ、思考パターンを書き換えることを得意とする。ブログでは“ヒロイン思考を手に入れるヒント”など、潜在意識についての記事が満載。Twitter は@kinomaico

 

【画像協力】

※  冬川智子(ふゆかわともこ)・・・漫画家。著書に『マスタード・チョコレート』『水曜日』『あんずのど飴』『深夜0時にこんばんは』など。ホームページは『tomoko-fuyukawa.com』。Twitterは@tomoko_fuyukawa

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'椎名恵麻'の過去記事一覧