ホンネとタテマエ!デートで割り勘にしないと「図々しい女」?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

みなさんは、恋人とデートする時に、割り勘にしてほしいですか? そのカップルごとに2人のやりかたがあるので、どちらでも良いかとは思いますが、女性側がおごってほしいと思っていて、男性側が割り勘にしたいと思っているなど、意見が合わないと、もめてしまいそうですね。

『教えて!goo』の「割勘で彼女のフェイスブックに悪口を書かれました」という記事の中に、初めてのデートで8,900円の食事をして、彼女に5,000円を渡して先に駐車場に行ったところ、全額払ってくれなかったことに対して不満を感じた彼女に、「有り得ない」とフェイスブックに書かれてしまい、彼女の友達もその書き込みに同調していた、というちょっと恐ろしい話がありました。

その書き込みに回答した男女の反応や、婚活サイト『match.com』の「みんなのデート白書」の“おカネ編”を参考に、みんなの“デートの支払い事情”について見てゆきたいと思います。

 

■ お金の問題というより、スマートさ?

結果的には同じ負担になるにしろ、食事は全額彼が払って、その後のお茶代などを彼女が負担するほうがスマートという意見も……。お茶では値段が釣り合わないと思ったら、駐車場代も負担しても良さそうですね。

確かに、そのようにしたら、お互いがお互いに「ありがとう」と感謝する機会が増えて、良い雰囲気で終わりそうですし、スマートではありますが……しかし、おごってもらえなかったことをフェイスブックで愚痴ることの“スマートじゃなさ”を思うと、このケースにおいては、女性のほうにも問題がありそうですね。

 

■ “良識のある女性”と思われる行動

質問に対する回答を見ていると、多くの人が、「支払いの時女性は財布を出して払う意思を見せるべき。その後は、割り勘にしても、男性が払っても、どちらでもいい」と思っているようです。たとえあなたが“おごってほしい”と思うタイプでも、少なくとも初デートの支払いの時は「おいくらでしたか?」と、払う意思を見せたほうが良さそうです。

 

■ 実際、割り勘にしたいのは男?女?

『match.com』の「みんなのデート白書」のアンケートでは、「初デートの食事は自分が払う」と答えた人は100%でした。たまたまアンケート対象の男性が“男が払う派”だっただけで、世の中には“割り勘派”の男性も一定数いるようには思えますが、多くの男性が、“初デートはおごりたい”と思っているようです。

その反面、45%の女性が“割り勘派”だと答えています。なんと、“割り勘にしたい”と思っているのは、女性のほうが圧倒的に多いようです。「自分も働いているので、おごられる理由がないからです」という意見もあり、働く女性のプライドとして、男性と対等に渡り合いたいと思う女性も、思いのほか多いようです。

 

いかがでしたか? 男と女の“割り勘論争”は、いろんなメディアで何度も勃発していますが、“おごってほしい女子VSそれを図々しいと思う男子”のような構図が一般的です。しかし、それは、半分より少し多い“おごってほしい女子”が目立ってしまっているだけで、実際は“男性のメンツとして全額払いたい男子VS割り勘にしたいプライドの高い女子”という噛み合わない組み合わせもありそうですね。

どちらかと言うと、おごりたい男性に「私も払うよ」と言ってしまうリスクより、財布を出さずに“図々しい”と思われるリスクのほうが大きいので、基本的に“自分の食べたものは自分で払う”と言う意識で出かけ、そこでご馳走してもらったら、素直にお礼を言うのが、失敗が無さそうですね。

もし割り勘と言われ、あなたの理想と違ったとしても、きちんとお支払いした上で“お友達”としてお付き合いすれば良いだけですし、お財布を出さないで悪い評判がたつよりはずっとマシではないでしょうか。

 

【関連記事】

超ゴージャス!金持ち男性ならではの女性の喜ばせ方9つ

「浪費癖のある男性」にありがちなお金の使い方5パターン

結婚相手としては最高な「倹約家男性」の特徴5パターン

当てはまったらアウト!一生貧乏かもしれない男の特徴9個

 

【参考】

割勘で彼女のフェイスブックに悪口を書かれました – 教えて!goo

みんなのデート白書 – match.com