1度でも!?これをやったらストーカー女!振られた彼へのNG行動5つ【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

いくら復縁狙いでも、振られた彼にやってしまうと、ストーカー女扱いされてしまうNG行動について、アディーレ法律事務所の弁護士・島田さくらさんにご意見を伺っています。前編に引き続き、後編では、さらに犯罪度が高い危険行為についてご紹介します。

 

■4:見張り・監視

「やり直したい! なんて直接言うチャンスがない。電話もメールも、待ち伏せだってする勇気がないから、せめて、彼の部屋の明かりをそっと見つめて、彼の車があるかないかを確認して、彼の存在を感じたいだけなの。今日も無事に仕事が終わって帰宅した彼を見届けて、他の女の影があったらショック!……ってポエムのような乙女心は理解したいところですが、これもストーカー行為です。

あなたが見つめていることに彼が気づいていなかったとしても、です。ここまでなると、怖いです。後々彼にこのことがばれてしまえば、復縁の可能性は完全になくなるでしょうね」

気づかれずにそっとつきまとうなんて、ちょっとした霊のようですね……そこまでするなら、まだ電話やメールの方が、マシな気すらします。とは言え、振られたてで茫然自失の時は、ついついやらかしてしまいそうなので、“これは犯罪行為らしい”と頭の片隅に入れておけば、ストッパーになるかもしれません。

 

■5:合鍵を使って彼の部屋に侵入

「犯罪です。捕まります。絶対にやめてください。まず、鍵を返しましょう。電話やメール、待ち伏せやつきまとい、といったストーカー行為の場合、被害者が警察に相談して、警察から警告を受けたにもかかわらず、ストーカー行為を続けた場合に逮捕され、起訴されるという流れが一般的です。

勝手に彼の部屋に入る行為はストーカーにあたる上、住居侵入罪にもなります! 警察からの警告もないまま突然逮捕される可能性も。逆の立場で考えてみてください。ふったはずの元彼が、合鍵を使って部屋に入りあなたの帰りを待っていました。“会いたかったよ!やり直そう! ”とはなりませんよね。そっとドアを閉めて110番。永遠にさよならです」

これは明確に犯罪ですね。合鍵を回収しない元カレも元カレですが、いくら馴染みのある部屋でも、別れた彼の部屋である以上、そこはもう出入り禁止地帯です。というか、ここまで来ると、“別れた事が信じられない”という危険な精神状態になっている可能性もありますので、カウンセラーや病院などの力を借りることも検討しないといけないかもしれません。

 

いかがでしたか? 一般的にストーカーと言うと、腕力が強い男性の方が危険な気がしますが、過去のニュースを検索してみると、実は女性ストーカーが逮捕されるケースも数多くあるようです。前編でも言及した、芸能人同士のドロ沼破局ニュースを見ていると、美しくて次の恋人もすぐできそうな女優さんでさえ、過去の男性に執着してしまうと、恐ろしい人のように思えてしまいますね。

元彼がどうしても忘れられない時は、一度復縁を申し込んで、断られたら深追いはせず、“いつか復縁できるかもしれないけど、その前に新しい恋愛をしてみよう”と思って次の恋に目を向けてはいかがでしょうか。いつのまにか脳のほうも落ち着いて、「なんであの人にそんなに執着したんだろう」と不思議に想う日が来るかもしれませんね。

 

【痛い女シリーズ】

※ 1度でも!?これをやったらストーカー女!振られた彼へのNG行動5つ【前編】

※ 要注意!ダメな恋愛にハマってしまう痛い女の特徴3つ

※ 精神科医に聞いた!痛い「ナルシスト女」がよく使う台詞8つ

 

※ 元ホストが激白!男に騙されやすい「痛い女」の特徴6つ【前編】

※ こんな女は絶対NG!結婚できない「痛い独女」の特徴8つ【前編】

【取材協力】

※ 島田さくら・・・弁護士法人アディーレ法律事務所所属弁護士(東京弁護士会所属)。自身の過去のオトコ運の無さからくる経験(元カレからのDVや、妊娠が 発覚した翌日にカレから別れを告げられたこと)をもとに悩める女性の強い味方として男女トラブル、さらには労働問題などを得意分野として多く扱う。なお、本人は「ここ10年は悩んだことがない」という、驚くほどポジティブな思考の持ち主で、全国最年少シングルマザー弁護士として、相談者の悩みを解決するかたわら、家庭では子育てに奮闘している。

 

【参考】

※ 『弁護士が教えるパーフェクト離婚ガイド』(アディーレ法律事務所)

※ アディーレ法律事務所

終わった恋に執着する人と、しない人の違いは? – マイナビニュース