> > なんとマザコン男こそ「愛情ホルモン」たっぷりの理想的彼氏だった!

おすすめ記事一覧

なんとマザコン男こそ「愛情ホルモン」たっぷりの理想的彼氏だった!

2013/06/09 20:00  by   | 男性心理

“愛情ホルモン”って知ってますか?

これまで『Menjoy!』でも何度も取り上げてきた“オキシトシン”とよばれるホルモンです(「恋愛ホルモン「オキシトシン」心の不調を癒す働きもあった」)。彼といつまでもラブラブでいたいなら、彼のオキシトシンを活性化させましょうと紹介してきました。

ですが、生まれながらに“愛情ホルモン”オキシトシンが多い男性もいるはず。そんな男性の見分け方として、米マウントサイナイ大学のジェニファー・バルツ氏らの研究を紹介したいと思います。その見分け方とは、ずばり彼がマザコンかどうか。

 

■母親好きとオキシトシン

バルツ氏らは、19歳から45歳の男性31人を対象に、幼少時に母親からどのような世話を受けたかを質問する実験をおこないました。最初に質問してから1カ月の間隔を置いて、1回はオキシトシン、1回はプラセボ(偽薬)を、男性たちに投与しました。

すると、最初の質問のときに、母親が優しかったと答えた男性たちは、オキシトシンを投与すると母親をさらに高く評価することがわかったんです。つまり、母親がとても優しいとか、母親との関係がとてもいいと思っている男性ほど、オキシトシンのレベルが高いとも考えられるわけです。

 

いかがですか? マザコンだからといって、必ずしもオキシトシンが高いわけではありませんが、人の恋愛の仕方は乳幼児期に決まるという恋愛心理学の立場で考えれば、母親との関係が良好な彼は、きっとあなたとの関係も良好になるはず。

マザコンというと敬遠されがちですが、愛情ホルモンのレベルが高いということであれば、実は彼氏にするにはぴったりかもしれませんよ。

 

【関連記事】

※ 彼の「お気に入り私物」からマザコン度を判定する方法

※ 無自覚で幸せをぶち壊す「マザコン」男の特徴9つ【前編】

※ 無自覚で幸せをぶち壊す「マザコン」男の特徴9つ【後編】

※ 昔の彼女の名前をずーっと覚えてるのは「男性脳のクセ」だった!

※ 結局そこ!? 最終的に結婚する相手は「いつも●●にいる人」と判明

 

【参考】

※ Jennifer Bartzら(2010)「Effects of oxytocin on recollections of maternal care and closeness」(Proceedings of the National Academy of Sciences)

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'平松隆円'の過去記事一覧