> > もしかして「毒親育ち」かも?という男性の特徴8つ【前編】

おすすめ記事一覧

もしかして「毒親育ち」かも?という男性の特徴8つ【前編】

2013/06/07 18:00  by   | 男性心理

松本耳子さんのコミックエッセイ『毒親育ち』が話題になったこともあり、“毒親”という概念が少しずつ浸透してきているようです。

“毒親”とは、スーザン・フォワードさんの著書『毒になる親』などで紹介された、子どもを過度にコントロールしようとするあまり、子どもにとって“毒”になる“親”のこと。具体的には“子どもを自分の望むとおりにしたくて指図ばかりする”、“子どもの食事・睡眠・服装や髪型などを異常に細かく詮索する”、“子どもの学校・仕事・友人・恋人選びにいちいち介入する”などの特徴があります。

付き合いが真剣になればなるほど、彼の親がどんな人かは気になるところ。そこで今回は、“毒親育ち”な男性にありがちな特徴8つを、前述した書籍『毒になる親』を参考に紹介します。

わかっていれば、対策できることもあるはず。今回は【前編】として、4つの特徴をとりあげます。さっそく見てみましょう。

 

■1:自分への愛情を試そうとする

“毒親育ち”の男性の特徴として、温かい心の通い合いの経験が足りないことが挙げられます。

よくあるのが、“親に励まされたり、褒められたりしたことはほとんどなく、けなされてばかりいた”というケース。このように、愛情を実感できなかった子どもは、大人になると、周囲からの自分への愛情を試そうとします。

 

■2:恋人に加虐的になったり、コントロールしようとしたり、無礼に振る舞う

情緒不安定な“毒親”は、“いつヒステリーを起こすかわからない”という不安を植えつけて、子どもを支配します。子どもをかまいすぎる“毒親”は、自分の都合しか考えず、息を詰まらせる子どもに気がつきません。

“毒親育ち”の子どももまた、“毒親”の刷り込みにより、親と同じ行動パターンを、パートナーに対して繰り返してしまいます。正しい形を教わらなかったため、愛情の与えかたがわからないのです。

 

■3:恋人への愛情表現に条件をつける

“毒親”は、子どもが親を喜ばせたときだけ、報酬として愛情を与え、親の気に入らないことをすれば、罰として愛情を与えません。“言うとおりにしないと親子の縁を切る”というのは典型的な脅し文句です。

これはそのまま、異性との関係にもつながります。“言うとおりにしないと別れる”、これはパートナーによるモラハラであり、コントロールになります。

 

■4:異性との温かい肌の触れあい、仲むつまじい関係を持つことができない

“異性とつき合うたびにすぐ相手に飽きてしまう”、“毒親育ち”の場合、これは“他人は自分を傷つけたり、利用しようとするに違いない”という“毒親”への不信感が理由になっています。

自分が傷つく前に、相手を傷つけるか、逃げるかしてしまうのです。

 

いかがでしたか? あなたのパートナーに当てはまるところが多かったら、その彼は“毒親育ち”である可能性も。次回は【後編】として、“自分が批判されると過剰に敏感”などの4つを紹介します。お見逃しなく。

 

【彼ママとの上手に付き合うために】

※ 嫁VS.姑!仲が悪いならなおさら「母の日プレゼントを姑にあげるべき」理由

※ ネットで激論!「母の日にカレママへ」プレゼントすべきか否か

※ 超緊張!彼ママとの初対面で避けるべきNGファッション5つ

※ これで彼ママに「デキる女」と思わせられる!手土産マナー

 

【参考】

※ スーザン・フォワード(2001)『毒になる親 一生苦しむ子供』(講談社)

※ ダン・ニューハース(2012)『不幸にする親 人生を奪われる子供』(講談社)

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'朽木誠一郎'の過去記事一覧