もう泣かない!ダメ男をすっきり別れる方法10個【後編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

「この最低男!」と思いながら、いつまでもダメ男と離れられない。1度、距離を置いても、またすぐにヨリを戻してしまって、また不幸な関係の繰り返し……。あなたはそんな“ダメ男好き”ではないでしょうか?

前回の記事では、恋愛依存症・回避依存症克服支援カウンセラーの石黒みゆさんからのお話をもとに、ダメ男とすっきり別れるための方法として、まずは自分の心を整理する方法5個をお届けしました。

引き続き、石黒さんからのお話をもとに、別れを決心してから心がけるべきこと5個を紹介していきたいと思います。

 

■6:昔の仲の良かったころの写真やメール、ブログなど思い出の物を見ない

「どんなダメ男であっても、付き合いはじめのころは、楽しい思い出がいろいろあるでしょう。その頃の思い出に関する物は目に入れないようにしてください。

“あの頃はよかったのに……”と自分に都合のよかったころの彼の状態にまた戻るのではないかと別れの決意が揺らいでしまいます。でも、戻ることはまずありません。期待するだけムダです」

 

■7:彼とのかかわりをできるだけ避ける

「1度別れを決心したのであれば、極力2人きりで会わないようにしましょう。

どうしても2人で会わなければならないときや、連絡を取らなければいけないときでも、短時間で用件のみ伝えたり、感情を語らず冷静に淡々と話したりするように心がけてください。とにかくダメ男のペースに巻き込まれないこと!

仕事の都合などで、どうしても彼とかかわっていかなければならないケースもあるかもしれませんが、理想をいえば、接触を断つのが最善です。

会ってしまうと情が出て来たり、好きな気持ちが出てきて別れる気持ちが揺らいでしまったりします。ダメ男に会うというのは、ダイエット中なのに目の前にケーキを置いて我慢することと同じようなものなのです」

 

■8:彼側の友人ともなるべく接触しない

「彼側の友人は、彼がどんな人であるか知っていても付き合っている人たちなので、彼を味方する場合が多々あります。

そうすると“本当は彼はいい人じゃないか?”とか“今度こそ彼も反省してくれたのでは?”などと、錯覚してしまいますので彼側の友人ともなるべく接触しないようにしましょう」

 

■9:貸したお金を言い訳にしない

「“彼にお金をたくさん貸しているから返してもらうまで別れられない”と、お金を言い訳にする人がよくいます。

でも、“返してもらうまで……”なんて悠長なことを言っていたら、結局いつまでたっても別れられません。ずるずる付き合っているうちに、返してもらうどころか、さらに彼からお金をせびられるなんて本末転倒なことにもなりかねないでしょう。

本当に別れたいなら、彼に貸したお金は“あげた”ものだと割り切るほうが賢明です。また、別れたあとに、万が一、彼のほうから“お金を返したい”と言ってきたとしても、直接会ってはダメ。上でも述べたように、リアルな接触は決心が揺らぐもとです」

 

■10:必要であれば周りの人へ助けを求める

「“このままじゃ自分はダメになる”とわかっているのに、それでも彼と別れられない。ふたりきりの世界から抜け出せないという場合は、周りの人の協力を仰ぎましょう。“別れたいけど、別れらない。助けて!”と素直に声をあげるのです。

また、彼にストーカー傾向があったり、別れに伴って、あなたや周囲に危害を加えるおそれがあったりする場合は、迷わず警察や弁護士、専門機関に相談を!

“周りに迷惑かけちゃいけないから”と独りで問題を抱え込んではいけません。あなた自身の苦しみが長引くだけでなく、取り返しのつかないことになって、かえって周囲にまでマイナスの影響が及ぶことだってあるのですから」

 

以上、ダメ男ときっぱり別れるための方法10個をお届けしましたがいかがでしたか? 別れには少なからず痛みを伴いますが、1度きりの人生をダメ男のためにムダにしてしまわないように、恋愛すればするほど不幸になってしまう人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

【ダメ男シリーズ】

「いつも見た目でだまされる」その原因を心理学的に解明

実は「白馬の王子様」と結婚した女は不幸になっていた?

これはヤバイ…「不幸な恋愛」をしてしまう女の特徴7つ

一見オトコらしいけど実は「ダメな男」にありがちな特徴12個

あなたを不幸にする!最低なダメ男の特徴8パターン

 

【取材協力】

※ 石黒みゆ・・・恋愛依存症・回避依存症克服支援カウンセラー。電話やスカイプを使って、全国の恋愛依存症で悩む女性にカウンセリングやセラピーを行っている。ブログは『脱・恋愛依存症!あなたの幸せ恋愛応援ブログ』。メルマガも配信中。