絶対ふり向かせる!「本命彼女」になるための5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

ついに狙ってた彼をGETしちゃった! ゆくゆくはこのまま結婚なんて考えちゃったりして……そんな幸せな未来を想像していたはずなのに、気付けば彼は他の女性とゴールイン。本命になれたと思っていたら、どうやら彼は、最初から体目当てなだけだった……なんて、そんな悲しい結末は誰だって嫌ですよね。

前回の「私って本命?それとも…男性が線引きしている5つのポイント」でも取り上げたように、男性は本命と体目当ての線引きがきっちりしています。でも、だからこそ男性が望む“本命の女性像”をピンポイントで狙っておけば、彼の心をがっちり鷲掴みすることができるんです。

今回も『ユーサイドウーマン』の「“セフレ”と“本命”の違いはコレだった!恋愛スキルの磨き方」という特集から、“本命彼女”になるための5つの実践ポイントをご紹介します。

 

■1:彼を励まし、後押しする

男性は、主に仕事や人間関係、社会的にどう見られているかなどのプレッシャーと常に戦っています。正直、自分だけでモチベーションを回復するのは一苦労。そんな時、傍で励まし、後押ししてくれる女性の存在を男性は求めています。友達とは違う立場から自分を支えてくれる姿を見て、ずっと傍にいたい=本命になってほしいと男性は感じるようです。

 

■2:彼の意見を受け入れる

一方的な偏見や、相手の意思を尊重しない完全否定な意見ばかりが続けば、本命どころか友達としても関係はご遠慮したくなってしまいます。女性と男性というだけで、お互いに考え方が大きく違う部分もあるでしょうが、だからこそ広い視野を持って相手の意見を受け入れるようにしましょう。

 

■3:彼をきちんと立てつつ、手綱を握る

相手との関係が慣れてくると、見知った友達の前でついつい彼氏をけなしてしまうこと、ありませんか? 男性からすると、それって物凄くNG。「三歩下がって」という言葉があるように、男性は自分をできるだけ尊重してほしいと感じています。二人きりの時は主導権を握っていても、友人や知人の前では彼を立てるよう意識しましょう。

 

■4:いつも明るくポジティブに

悪口や否定的なことばかり言っていたり、何かにつけてぐちぐちとマイナス思考だったりする相手とは、同じ時間を共有したいと思えません。もし女子会のノリで、彼氏や意中の相手に愚痴や不満を喋っていたら要注意。

逆に、明るくて前向きでポジティブな女性を本命にしたいと男性は考えています。人生のパートナーにするのなら、やっぱり一緒にいて楽しい相手が良いですよね。

 

■5:母親のように家庭的に

“男性は基本的にマザコン”だとよく言われているように、やはり男性からしても、本命の相手には母親のニュアンスを求めているようです。体調が悪い時に看病してくれたり、望んだ時にご飯を作ってくれたりと、献身的な姿にグッとくるのでしょう。

 とはいえ、世話の焼き過ぎにはならないよう気を付けて下さい。度が過ぎると、“重たい女”か“便利な女”に成り下がってしまいますよ。

 

いかがでしたか? 前回の「私って本命?それとも…男性が線引きしている5つのポイント」記事と合わせ、あなたは彼が求めている“本命”に近い姿でいるでしょうか? 彼氏ができたと安心するのではなく、相手から本命として見られているのかどうか、意識を持つことが大事ですよ。

 

【関連記事】

見抜け!本命には絶対NGな「面倒くさい男」ベスト3

彼は大丈夫?男性が本命にしか示さない言動7個【デート編】

男性が「こいつ口説きてえ!」ってなる6つのシチュエーション【前編】

美人を差し置いて本命になれる「地味系女子」の特徴4つ

 

【参考】

※ 「セフレ」と「本命」の違いはコレだった!恋愛スキルの磨き方 – ユーサイドウーマン-UsideWoman

【画像】

by David Photo Studio