「逆玉願望男」増加中!高収入女性が激モテする時代に!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

最近、正社員じゃないという理由で片思いしていた男性にフラれた、彼氏の給料が自分より少なくて結婚に不安を覚えるようになった、という話をテレビや雑誌で見たり聞いたりする機会が増えました。もう、男性に頼っていられない時代が来てしまったのかもしれません。

ニューヨークタイムズ(※1)では、そんな男女の逆転現象が起きているカップルを紹介していました。

 

■アメリカでは、男性より高学歴・高収入の女性が増加中

ピューリサーチセンターによって公表された、国勢調査データ(※2)によると、30~44歳のアメリカ人は、男性より多くの女性が大学学位を持っている最初の世代だそう。そして女性の収入は、1970年代以来、男性よりも急速に増えています。

これは女性の社会進出が進んでいるアメリカの顕著な例で、大学進学率が男性より上回ることにより、所得も男性より多くなってしまっているという『男女の逆転現象』が起きていることを示唆しています。

 

■不況のせいで、『逆玉願望男』が増加中!?

現在、日本も深刻な不況続きですが、アメリカも不景気真っ只中。教育と所得格差はこの不況で、さらに加速してしまったと言われています。

夫より妻の方が高学歴(高収入)というデータが出ているということは、「高学歴の妻と結婚すれば、生活が安定する」こう考える男性が増えているというワケなんです。アメリカに“逆玉の輿”という発想があるかは分かりませんが、日本で言えば“逆玉”にあたりますよね。

 

このまま日本も不況が続けば、アメリカと同じように“逆玉”願望の男性が増加していくのでしょうか?

「結婚をして妻を得るということは、新たな稼ぎ手が一人増えること」というのは正論かも知れませんが、女性としてはそこをアテにされてプロポーズされるのも複雑なものですよね。

高学歴・高収入の女性がモテる時代……。あなたは、どう思いますか?

 

【参考】

※1. More Men Marrying Wealthier Women – NYTimes.com

※2. New Economics of Marriage: The Rise of Wives – Pew Research Center