よかれと思ったのに逆効果?男ウケの悪いNGメイク3種

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

化粧は女性を美しく変身させる魔法。特に、合コンや初デートのような勝負日は、入念にメイクアップして出陣するという人が多いのではないでしょうか。

でも、気合いのこもったメイクが男性ウケするかというと、そうとは限らないようです。自分ではよかれと思ってのメイクが、男性目線では不評だったり、「やりこみすぎてスキがない」なんて思われたりなど裏目に出てしまうなんてことも……。

そこで、恋愛エッセイスト・セミナー講師の菊乃さんから、男性ウケの悪いNGメイク3種を教えていただきました。

 

■1:目元だけ気合い入りすぎメイク

女性でアイメイクに力を入れている人って多いですよね。でも、アイシャドウばっちりで、まつ毛盛りすぎメイクは、女性にとっては「お人形みたいでかわいい」だとしても、男性から見ると不自然。

しかも、ちょっと気弱なタイプの男性だと、女性と目を合わせるのを恥ずかしがって、口元を見る傾向があります。つまり、いくら目元を飾りたてても、男性には見てもらえない可能性も高いのです。

アイメイクに気合いが入るあまり、口元がおろそかになってしまっている人がいますが、これは絶対に損。唇は、きちんと下塗りしたり、オレンジやピンク系を用いたりして、なるべく血色よく見せるのがポイントです。

 

■2:血色が悪く見えるチークなしメイク

上で、血色の話が出てきましたが、男性目線からは、いかに血色をよく見せるかがとにかく重要。血色のよさは、女性の若さの象徴であり、性的魅力をアピールすることにつながるからです。

血色よく見せるためには、チークが欠かせません。チークは入れ方が難しくて面倒……といった理由で活用していない人が意外と多いですが、男性から「なんか不健康そう」とガッカリされないためには、チークでぜひ健康的なセクシーを演出しましょう。

 

■3:毛穴ひとつない不自然なドーリー肌メイク

女性誌などで“毛穴ひとつないドーリー肌メイク”が特集されることもありますが、“作り込み臭”のするドーリー肌は、男性陣からは不評です。

男性が求めているのは人形ではなく、あくまで生身の女性。皮膚呼吸していなさそうなツヤのないドーリー肌だと、男性から見て圧迫感があり、さわりたい気も起きません。

もし、毛穴やシミなど肌のコンプレックスを隠したいのなら、ファンデーションを厚塗りするよりも、コンシーラーを用いたほうが、自然な仕上がりになります。

 

以上、男性ウケの悪いNGメイク3種をお届けしましたがいかがでしたか? 合コンやデートのためのメイクではこれらの地雷は避けて、男心をきっちりつかみたいものですね!

 

【関連記事】

ついに「ナチュラルメイクが好まれる理由」が研究で明らかに

素顔好きなんてウソ!「やっぱり男性は化粧した顔に惹かれる」と判明

アイメイクは無駄なの!? 美人のカギは「白目」だと判明

初対面の男性に一瞬でドン引きされる「NGメイク」3パターン

7割の男性が「女性のメークに不満」を感じている理由6つ

 

【取材協力】

※ 菊乃・・・恋愛エッセイスト、恋愛セミナー講師。ベストパートナープロジェクト代表。28歳まで非モテのダメ女。このままだと一生独りだと気が付き、実践と失敗を重ね彼氏ができるまでを綴ったブログ『出会いは自分の努力で作れるもの』が人気になり本を出版。アメブロ婚活ブログランキング1位獲得。著書に『いつの間にか自分に合う人がいつも隣にいるようになる本』、『ほんのちょっと変わるだけで素敵な男性が手をさしのべてくれる本』などがある。