楽しい旅が最悪の思い出に!カップルが旅行で大失敗する理由とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

彼との楽しい旅行になるはずが、帰ってきたら最悪の旅行として思い出に刻みつけられてしまった……こんな経験ありませんか?

その理由のひとつが、全国30カ所に旅館・リゾートを運営する株式会社星野リゾートが行った「現代のカップルたちの恋旅事情」調査によって解明されました。楽しいはずの旅行が“最悪な旅行”へと変わってしまうカップルの多くは、“宿泊先”を重要視していなかったというのです。詳しくお伝えします。

 

■観光のために宿泊費をケチると……

同リサーチでは、恋人と1年以上交際をし、1泊以上の恋旅経験がある20代~30代の未婚男女500名を対象に、男女での恋旅に対する意識の違いや、恋旅への満足度との関係性などについて調べました。

 その中で、“旅で重視する点”を尋ねたところ、男性の59%、女性の50%が、「宿泊先で二人でゆっくりする」という回答結果が出ました。また、“旅の成功エピソード”については、

<「宿泊先が期待以上で、雰囲気が◎に」「お部屋がとてもよかったのでのんびりできた。」「宿泊先が予想以上にいいところだった場合、2人の雰囲気もよくなる。」>

といった、宿泊先に関する成功エピソードが多く寄せられたようです。

逆に“旅の失敗エピソード”については、「予定を詰め過ぎてくたくたになった」「プランの詰め過ぎでお互いに会話が無くなった」といった、予定の詰め込みに関するエピソードが目立ちました。

確かに、より多くのスポットを観光したいと計画を立てるのは良いことですが、その分疲れるということを忘れてはなりません。しかも疲れている状態の時に、ゆっくり休めるはずの宿泊先がボロいホテルや汚い民宿だったらどういう気持ちになるでしょう。観光にばかり目を向けて宿泊先のことを蔑ろにすると、このような最悪の事態に陥ってしまいます。

 

■安心できる場所を確保するのが優先

旅行は、普段とは違う景色や土地を楽しむイベントでもあります。いつもは体験できないことの数々が、まさに旅行の醍醐味とも言えます。

しかしその反面、知らない土地や慣れない環境に少なくともストレスを感じていることを忘れてはなりません。しかも、カップルでの旅行なら、多少なりと気遣わなければならない場面も出てきます。そんな時に必要なのが、安心できる場所……つまり“より良い宿泊先”なのです。

 

楽しいはずの旅行が“最悪な旅行”へと変わってしまう理由、いかがでしたか? 

もちろん、彼と一緒にたくさんの観光スポットを回って、くたくたになるのが悪いわけではありません。むしろそのくたくたも、お互いの旅の思い出ですからね。

大切なのは、その疲れをきちんと癒せる場所が確保できているか、ということです。そこが欠けていると、疲れも相まって、お互いの機嫌も悪くなりますし、二人の関係も悪化してしまうかもしれません。

旅行に行くと、いつも宿で彼とケンカしてしまうという方は、今年の夏休みの旅行は、宿泊先をワンランクグレードアップさせてみてはどうでしょう? いつもよりリッチな宿泊先に、お互いの感情もいい意味でヒートアップしてしまうかも!

 

【関連記事】

だって好きだから!男性が好意を持った女性に思わず見せてしまう5つの行動

すぐ降りろ!男性から「愛車以下」と思われる女性のNG行為3つ【激おこ編】

女心がわかる元祖オトメン!? あの太宰治が残した恋愛格言8つ【前編】

知っておきたい!狙った彼をさくっと落とす4つの恋愛心理学テク【前編】

この天然小悪魔!男に「俺のこと好きだろ」と勘違いさせている女性の行動5つ

 

【参考】

恋と旅に関する恋旅調査 – 星野リゾート調べ