男に愛される口元美人になる!とっておき簡単エクササイズ2つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

男女を問わず、人の第一印象を決めるのは“見た目が9割”だと言われています。顔の印象はその重要なポイント。中でも「清潔感がある」「だらしない感じがする」といったその人の印象には、特に口元が大きく影響してくるのをご存知でしたか? 気をつけないと、知らず知らず彼からもNGな印象を持たれてしまってるかも!

そこで今回は、ミス・ユニバースや女優、モデルの美しい口元をつくった審美歯科のドクター石井さとこ先生に、男性に愛される口元美人になる簡単エクササイズを2つ教えていただきました。さっそく見ていきましょう。

 

■1:くちびるの形がキュッと締まる“ピヨピヨ・プー”エクササイズ

「美しい口元づくりには、口まわりの筋肉を鍛える顔面筋トレが欠かせません。くちびるをタテに寄せることで、くちびるの形がキュッと締まります。

まず、小鳥がさえずるときのくちばしをマネて、ほほの肉を内側から思いっきり吸いこみます。その状態で“ピヨピヨ”とくちびるを上下に開け閉めする動きを4回繰り返します。

最後に、くちびるをすぼめたまま、両ほほをプーッと勢いよく膨らませて、口輪筋をほぐします。ほほを収縮させたあとに膨張させることでエクササイズの効果が出て、表情も豊かになります」

このエクササイズを行うのは1日1回。やりすぎるとくちびるの脇にシワが入ることもあるので、やりすぎ厳禁です。毎日続けることで、シャープなフェースラインも期待できるそうなので楽しみですね。

 

■2:老け顔にならない“ほうれい線OFF”エクササイズ

 「こちらは、口まわりの筋肉を、内側からしなやかにするエクササイズ。ほうれい線は“つくらない”ことが大切です。口まわりの筋肉に内側から働きかけましょう。

舌を使い、ほほの内側からほうれい線に沿って上下になぞります。鼻のつけ根からくちびるの下あたりまで、ほうれい線をグ〜ッとなぞり下げてから、グ〜ッと押し上げる。これを3回繰り返します。

片ほほが終わったら、反対側も同様に、ほうれい線の根元から先まで、舌で3回なぞります。約1か月ほどで効果を実感できると思いますよ」

最初は鼻のつけ根に舌が届かなくても、続けるうちにできるようになるのだとか。口元にクッキリ刻まれたほうれい線は、見た目年齢に大きく影響するので、ここはがんばりたいところですね。

 

以上、男性に愛される口元美人になる簡単エクササイズをお伝えしましたが、いかがでしたか? 口元が締まらずにポカンと空いてしまう人や、なんだか老けて見えてしまう人は、ぜひ取り入れて習慣にしたいですね。毎日のメーク時にトライして第一印象を向上、愛される口元美人に変身しちゃいましょう。

 

【関連記事】

※ あなたはどのタイプ?秋のたるみ顔を防ぐ「冷えタイプ別」対策3つ

※ 1日3杯の味噌汁が「真夏にモテる美肌づくり」の秘訣と判明

※ 「男に愛されるボディ」を手に入れる簡単エクササイズ2つ

※  バッグに入れるだけでモテモテになれちゃう最強アイテム7つ

※ デート前に知っておきたい!男が喜ぶ「キスのマナー」まとめ

 

【取材協力】

※石井さとこ・・・審美歯科ドクター・ホワイトホワイトデンタルクリニック院長・口元美容スペシャリスト。2005年から、ミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターからの要請で、オフィシャルサプライヤーとして歯をプロデュース。その経験から歯周病対策と歯の審美、エチケット対策をかねそなえた歯磨きジェル Teeth Dropsを開発。著書に『口元から美人になる 52の法則』(講談社)がある。ホワイトホワイトデンタルクリニック  公式ブログ『Dr.さとこの美人養成 viva!! 美歯道』