英研究で解明!彼氏が買い物に付き合ってくれないワケ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

大型ファッションビルに入ると、女性服売り場の前で、暇そうに携帯をいじっている彼氏(と思われる男性)をよく見かけます。交際当初は、ショッピングデートで、「女:どっちが似合う?」「男:うーん、どっちも似合うよ」なんてラブラブな会話をしていたのに、交際半年も過ぎると、「買い物付き合ってよ」と誘っただけで嫌そうな顔をする彼、「どっちが似合う?」の質問には、「どっちでもいいよ」と言われ……。

あなたはこんな経験、ありませんか?

 

この反応、イギリスの研究(※)によると、下記のような結果が出ています。

A study discovered that even though women shop more frequently, they’re more likely to come home empty-handed after a shopping trip.

Meanwhile, men have an ‘in and out, no messing about’ approach and purchase item within 26 minutes of spotting them – while women browse for long periods first.

Three quarters of guys said they always get what they set out for when they hit the shops, compared to only 45 per cent of females.

これは、newslite.tvの『Study: Men are better at shopping than women』という記事なのですが、Austin Reedの調査によると「女性は頻繁に買い物をするが、長時間の買い物の後、手ぶらで家に帰ることが多い。一方、男性は、平均26分という時間で店を行き来し、目的のアイテムを迷うことなく購入する。さらに、そのうち4分の3は、店に入り直感で決めたものを買うという。同じようにする女性は45%しかいなかった」とのこと。

 

つまり、目的をもって買い物に行く男性に対し、行って欲しいものを見つけたら買う女性……。買い物に行く動機からして、男女には差があるようです。

ショッピングは、女性にとっては一日かけての外出=メインイベントですが、多くの男性にとっては、必要なときに必要な物を買う行為でしかありません。この違いから、男性は女性の買い物に対し、「長い」「めんどくさい」というイメージを持ちがち。

というか、あれこれ鏡の前で合わせてみて、色違いもついでに試着して、だけど隣のお店にもっといいのがあるかもしれないと保留にして……。実際、長いですけどね。

 

それでも、女性にとってショッピングはストレス解消法のひとつ。友達との会話の中でも、「こんなもの買った」「あんなお店ができた」という話題はよく出ますし、ブログで新商品の口コミするのも大抵は女性ですよね。ただ、自分のストレス解消が、彼氏のストレス原因にならないよう、ゆっくりとじっくり、心ゆくまで買い物を楽しみたいときは、女性同士、もしくはひとりで出かけることをオススメします!

 

【参考】

Study: Men are better at shopping than women – Odd News | newslite.tv