おすすめ記事一覧

「惚れてまうやろー!」の瞬間7パターン【女子の本音編】

2011/04/13 19:00  by   | ココロ, 恋愛

なんとも思ってなかった男性のはずなのに、ちょっとした言動で一気に恋に落ちそうになる瞬間、みなさん経験はありませんか?

ネット上でいわゆる『喪女』(=もてない女)といわれる、女性では珍しく自虐に徹することのできる彼女たちの「こんなことされたらホレちまうだろーが」行動をリサーチし(※)、その傾向をパターン分けしてみました。

リア充女子のみなさんが読んでも「わかる、わかる!」というパターンがあるはず!

さぁ、あなたはどのパターンに一番「こんなことされたらホレちまうだろーが」と感じましたか?

 

■1:頭ポンポン

・今日突っ伏して寝てたら頭ポンポンで起こされたー!!!!

不意打ちの『頭ポンポン』に激萌えし、ホレてしまいそうになる女のコが本当にいっぱいいました。

以前、Menjoy!の『H中キュンキュンくる瞬間7パターン【男性の仕草・言動編】』という記事の中で行ったリサーチでも、H中に髪を触れられたり頭をポンポンされることに萌えている女性が本当に多く見られました。その際にご紹介した髪の毛は性感帯である」という説も見逃せません。

また『頭ポンポン』シチュエーションは、女性が男性に対し、『隙』がなければ成立することが難しい体勢です。それだけ女性がその対象男性に対し、『何かしらの好意があること』前提である可能性が高いため、萌える行動としてランク入りしやすいのかもしれませんね。

 

■2:ふざけて告白もどき

・慰安旅行で温泉行ったとき、夜飲みながらペアでゲームをしていて、勝ったペアには「もう付き合っちゃえよー」って言うのが定番の流れみたいになった。
1つ年下のさわやか好青年な後輩とペアになって、自分のミスをその後輩がうまくフォローしてくれて勝てたときに「もう付き合っちゃいますか!」って……。

相手の真意がわからない状態での『ふざけて告白もどき』な状況、うまくハマれば全然興味のなかった相手に対して異性として意識するきっかけとなることが。

本気のシチュエーションじゃない分、「いかんいかん、これは真に受けちゃダメ!」という心の歯止めがより萌えの燃料になっているのかも。

こんなことをサラリと言ってのけちゃ男性は、女扱いのうまいヤリチン系モテ男である確率が高そうですから、あまりその気にならないほうがいいかも!?

 

■3:女の子扱いされる

・いつも夜中にジョギングしてるって話をしたら、「危ないからやめろよ。痴漢とかに遭ったらどうするんだよ!」って軽くキレてきて、好きになりそうだった。

なんてことなかった友達や同僚でも、たまに見せる「おまえは女なんだぞ」会話にドキッとさせられてしまうみたい。しかもストレートに心配されたり女の子扱いされるより、上の例のように少しヒネリの効いたパターンのほうが『ホレちまうだろ度』もUP。

また、ふと「いつもいいニオイしてんなー」とホメてきたり、手をつかんで「うわー、手ちっちゃー」と驚かれたり……、なんていう媚じゃない何気ない『女の子扱い』にときめき、その男性を意識するきっかけになったりもするようです。

 

■4:ちょいセクハラ

・お風呂の入り方の話をしてた時に、男がいかに早く出られるか自分との戦い、みたいなことを言ってて、「それ見てみたいww」って言ったら「見に来る?www」と返された。
普通のノリで話しててその後なんかエロいことにお互い気づいて「やべ、セクハラしちゃった!ww」って言われ……。それから一緒にお風呂入ってる妄想がとまらないw

一歩間違えればセクハラ発言も、(相手しだいで!?)好きになるきっかけとなるケースが多々見受けられました。なんてことない関係に『男女を意識』させるパワーのある『ちょいエロ、ちょいセクハラ』テク、これは女性→男性でも効果がありそうですね。

上記の例ほどあからさまじゃなくても、「寝言すごい言いそうだなー。今度聞かせてよ」など、エロを軽く&なんとなーく連想させる会話は恋の燃料となるようです。ただしその一方で、「興味ない男に言われたら本気で気味が悪い」と、使い方が非常に難しい高度なワザのようですが……。

 

■5:ツンデレな優しさを感じたとき

・風邪引いたって言ったら、仕方なさそうに「……で? 何買って看病しに行けばいいの?」って言われたからテンパって看病いらないから!いらないから!って言いまくってしまった……。頼めば良かった……。

女性だけじゃなく、男性がするツンデレ行動も、実はかなりの萌え効果あり! ストレートな優しさだと『なんか怪しい』と警戒しがちな女性でも、そこにツンデレ要素がプラスされるだけでキュンとトキメキ、恋心に発展しがち。相手に気に入られたいといういやらしさを感じない分、真実の優しさに感じるのかもしれません。ただツンデレな優しさは、受け取るほうも恋愛に熟練していないとどう返していいかわからず、上記の例のように、チャンスをみすみす逃してしまうことにも……!

 

■6:無邪気な間接キス

・大学の学食にセルフサービスのソフトクリームがある。自分でソフトクリームをセットして自分で巻くんだが、この間それをやろうとしてたら
「○○(名前)ぉぉぉ!!」
と絶叫しながら遠くから先輩がダッシュしてきた。ビックリして硬直していたら、まるで飼い主に散歩を告げられた犬のような目で「俺にやらして!俺にやらして!お願い!」と懇願された。大人しくコーンを渡すと、先輩は一人でうひゃうひゃ言いながらかなり変な形のソフトクリームを作り、「あ〜やっぱり俺下手だなあ。でもコレ楽しいよな!な!」と私に言いながらソフトクリームを勝手に一口食べて私に返し、「また巻く時は呼んでくれ!それじゃ☆」と爽やかに去っていった。……惚れた。

無邪気で子どものような男の人から、無意識に『間接キス』、これは中学生が妄想しそうなシチュエーションではありますが、大人でも十分萌えさせることができるようです。

『無邪気な間接キス』は、ドキドキさせられつつも、相手の真意が確定できない分、『ホレちまうだろーが』度が高い模様。この『嫌われてはいない感』「ひょっとして私のこと好き?」、そして「でも無邪気なだけかも」という不安、この3つの感情がバランスよく交わったとき、人は恋してしまうのかもしれません。

この『無邪気間接キス』、上記の例はなかなか実現難しい特殊なシチュエーションですが、たばこを吸う人なら「たばこをちょうだいと言ったら、吸ってたのをそのまま渡された」や、一緒に食事していて「ふと箸を伸ばされ、好物を横取りされた」など、パターンは無限大にありますので、恋に落ちたいならこの『無邪気間接キス』シチュエーションをお互い利用するといいかもしれませんね。

 

■7:不意にふたりきりだと意識させてくる

・後輩たち先輩たちと数人で食事。セルフサービスの店で、何かのタイミングで私以外全員席を立ってしまった。一番に戻ってきた後輩の彼、言ったことが「二人きりですね~」だって。笑顔で。冗談で言ってるのわかってんだけど、普段みたいに冗談で返す余裕なくなっちゃって1~2秒「え、あ、う、」ってなってから「み、みんないないとテーブルがさみしいよね」とか意味不明な返事したよ……。不意打ちだようorz

単にふたりきりになるのではなく、大勢いるところから不意にふたりになり、そしてそれを意識させる言葉を言う、までがセットで初めて「ホレちまうだろーが」シチュエーションの完成となります。

飲み会の帰りにわざとふたりきりになるようなありがちシチュも、そこに「ふたりになっちゃったね」などの言葉があるとなしとでは大違い。やはり恋する気持ちは『意識』することから始まるようです。

 

以上、いかがでしたか?

こうしてパターン分けしてみると、人が恋に落ちるメカニズムというのは、実はものすごーく単純なもののような気がしてきます。

次回はこの逆の視点、男性が感じる「こんなことされたらホレちまうだろーが」シチュエーションをご紹介します。

 

【参考】

※ てんこもり。喪女にそんなことすると惚れちまうだろうがー!

※ アガペーちゃんねる 喪女にそんなことすると惚れちまうだろがー

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'吉田奈美'の過去記事一覧