おすすめ記事一覧

思わず「保護してしまった」彼女からのメール10通【後編】

2011/04/19 18:00  by   | ココロ, 恋愛

あなたは、恋人とどれくらいの頻度でメールを交わしますか? 「『おはよう』『おやすみ』を含め、最低でも10回」という人もいれば、「必要最低限でいい。電話で話せば済むこと」という人もいるかもしれません。ただ、交際初期よりも、半年、1年と過ぎていくうちに、じょじょにメール回数が減っていくカップルが多いのではないでしょうか?

女性のなかには、メールの回数=愛情のバロメータ、考える人も多いですよね。しかし、女性と男性は脳の構造が違い、会話コミュニケーションは、女性のほうが優れていると言われています。

女性は、会話や言語をコミュニケーション手段、感情伝達手段としてとらえるのに対し、男性は、用件を伝える手段、自分を認めてもらうための意思表示などに使うのです。これが、「メールが苦手」という男性が多い理由のひとつです。

 

というわけで、四六時中「好き好き」送るよりも、1通1通に気持ちを込め、インパクト大なメールを送った方が効果的。世の男性たちに、思わず保護してしまったメール文を教えてもらいました。

※前編はコチラ

 

【6】「朝から○○君のことばかり考えちゃってる」

久しぶりのデート当日朝、「やっと会えるね、楽しみ」の後に添えられていた一文。読んだ瞬間テンションがあがり、会える嬉しさが倍増したそう。

 

【7】「ねぇねぇ、なんでそんなにカッコイイの?」

「前から思ってたんだけどさぁ」というタイトルで送られてきたメール。疑問系でのホメ言葉が新鮮で、読みながら顔がニヤけてしまったとか。

 

【8】「どうしよう、○○君のことで頭がいっぱいで寝られないよ~」

深夜暇を持て余しているときに、送られてきたメール。送る際は、彼から返信がきたとき、既に爆睡してた……なんてことのないように気をつけましょう。

 

【9】「○○君がいるから、私も頑張れる」

遠距離恋愛中の彼女から、送られてきたメール。「会えない時間を強さにかえる」、そんな彼女のポジティブさにホレなおしたそう。

 

【10】「一つだけ、何でもお願い事聞いてあげる(ハート)」

誕生日当日、深夜0時の「おめでとう」メールの最後に添えられていた一文。何をお願いしたかまでは、教えてくれませんでした。

 

いかがでしたか? どれも、面と向かって言うのは照れ臭いセリフばかりですが、メールなら、絵文字と一緒に思い切って送れてしまうから不思議です。皆さんが大切に保護しているメールも、ぜひ教えてくださいね。

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'斉田直世'の過去記事一覧