浮気発覚が加速?iPhone5sに搭載された指紋認証機能のヤバさ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

ついにNTTドコモからも発売され、大きな話題を呼んでいるApple社の新機種『iPhone5s』。これを機にとうとうiPhoneデビュー、なんて人も多いのではないでしょうか。

そんな『iPhone 5s』、密かに広まるもうひとつの話題は、『Touch ID』という“指紋認証機能”。指紋を登録しておけば、iPhone のホーム画面のロック解除や、アプリや音楽を購入する場面での認証に使えます。

iPhone のセキュリティが向上するのでは、と期待されているこの新機能ですが、一部のユーザーが懸念するのは、今後急展開を迎えるであろう、スマホの“浮気事情”です。

“指紋認証機能”さえあれば、今後はパートナーに携帯をチェックされる心配がなくなる……そんな喜びの声もチラホラ耳に入ってきますが、それ、じつは大きな勘違いかも知れません。

むしろ、“指紋認証機能”は超強力な浮気発見器になりえる、浮気をしている人にとっては、Apple社の仕掛けた壮大な“余計プレー”と言えるのです。どういうことなのか、解説していきましょう。

 

■ “指紋認証”自体の信頼性は安心できるレベル

Appleの発表によれば、『Touch ID』 は“指紋の画像”そのものをiPhoneに保存するわけではありません。正確な“指紋の画像”が 保存されてしまうと、それを盗まれて指紋が偽造されるおそれもあるからです。

指紋はパスワードのように変更できないのが難点です。一度でも盗まれれば、指紋を使ったあらゆる認証が、もう二度と利用できなくなります。

『Touch ID』では、指紋をアーチ型・ループ型・渦巻き型の3タイプに分類し、さらに指紋の“線”をデータ化して登録するようです。このデータは外部には移動できず、iPhoneの内部にのみ保存されます。

まあ、 iPhoneのプロセッサに物理的にアクセスされたり、ネットワーク経由で iPhone に不正侵入されたりすれば安全は保証されませんが、パートナーがそんなハッカーみたいな人ならそもそも浮気は諦めるはず。

身近な相手であれば、誰でもロックを解除できる悪魔のような裏技がある、それが『Touch ID』なのです。

 

■ 浮気がバレないのはむしろ“パスコードロック”

一般的に、ホーム画面のロックに利用されているのは“パスコード”でしょう。これにはコードを入力する様子を見られたらアウト、という一面もありますが、“指紋認証”なら誰に何を見られても問題ありません。

このように、個人の識別という目的においては最強の暗号である指紋。しかし、こと“浮気”が問題になる場面について考えてみると、これを破るのはじつは意外と簡単です。

『Touch ID』は最大5つの指紋が登録できるので“パートナーのiPhoneに自分の指紋を登録させる”、あるいはそもそも“見られて困ることがあるのか”と指紋認証自体を止めさせる、などは思いつきやすいでしょうか。

でも、もっとシンプルな方法でコトは済みます。もうお分かりになりましたか? 答えは“パートナーが寝ている間にそっと指をピッとやる”それだけです。

浮気を疑うような本気の相手なら、心を許して隣で寝ているようなシーンはけっこうあるわけです。スマホを常に隠しておくこともできません。パスコードは教えてもらえなくても、指紋は今そこにある状態です。

 

いかがでしたか? 考えれば考えるほど悪魔のような手口ですね。こうして考えると、パスコードロックのほうが、むしろ携帯チェック対策としては有効であるとわかります。

このように意外な落とし穴もある『Touch ID』。利用する際はメリットとデメリットをしっかり考えてから設定し(させ)ましょう。あと、そもそも浮気なんてしなければ対策の必要もないこともお忘れなく。

 

【関連記事】

※ 彼は使ってる?知っておきたい「LINE」を利用する男性の特徴5つ

※ 今すぐチェック!スマホで浮気する男が使いがちなアプリ5つ

※ スマホ女子は入れとくべき!無料の特選占いアプリ3つ

※ iPhone5に入れるべき「恋愛力UP」のオススメ無料アプリ4つ

 

【参考】

※ Apple Keynote September 2013 – HD – iPhone 5S, iPhone 5C, IOS 7 – You Tube