美人ニューハーフ直伝!いい男に選ばれる「本当にいい女の条件」3つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

モテメイクにモテファッション……世間はさまざまなモテテクに溢れていますが、あなたは自分磨きの方向選択、間違っていませんか? 

でも、モテるといっても、誰にでもモテればいいってもんじゃありませんよね。 仕事もできて人間性も素晴らしい“いい男”に見初められてこそ、本当にいい女といえます。

そこで今回は、そんじょそこらの女子よりも美意識・女子力が高いカリスマニューハーフのベルさんと舞華さんに、“いい男に選ばれる女の条件”について教えていただきました。

モテモテ美人なお二人が語るモテの真実、すべての女性は必見ですよ!

 

■1: 裏表なく本音で話す女

「モテる男は、お金目当てだとか変な人がいっぱい寄ってくるので、いつも疑っています。結構人を見てるので、結局は中身。相手に“こいつ本音でいってるな”と思われる女じゃないと好かれません」

いい男は“見る目もある”ということですね。不純な動機で近づいても、あっさりバレてお寒い結末になるだけ。感動を素直に表現できたり、思っていることをストレートにぶつけられるような“人間味のある女性”を目指しましょう。

 

■2:「ありがとう」が言える女

「ありがとうが言えるとか、ちょっとしたことが大事。気づいて何かを取ってくれたり、さりげなく小っちゃいことができる女性は好かれます」

日常の何気ない1コマから、育ちの良さは垣間見れてしまうもの。「いただきます、ごちそうさま」はもちろん大切ですが、くれぐれもその後「うまい!」なんて発しないように。言葉づかい一つで、案外人柄もわかってしまうのです。

 

■3:尽くせて、甘え上手な女 

「おかま3ヶ条っていうのがあるんですけど(笑)、“キッチンでは料理長、居間ではメイド、ベッドでは娼婦”。男のほうも甘えてきたり、おねだりされるのは嫌じゃない。やっぱり頑張っちゃうんですよね」 

甘えるとこは甘えて、尽くすところはしっかり尽くす。加減を間違えると、重くて面倒くさい女になってしまいますが、「今度これが食べたいな」「あそこに行きたいな」といったプチ甘えはどんどん言っていいそうですよ!

 

以上、いかがでしたか? その場しのぎのモテテクに踊らされず、内面をじっくり磨く。これこそが最終的に幸せをつかむ近道であり唯一の道と言えそうですね。優良物件は競争率が激しいので、早めのアクションが大切ですよ!

 

【関連記事】

歌舞伎町ホストたちが認定!「男が惚れる本当にいい女の特徴」5選

現役ホストたちが認定!「男に心底ウザがられる女の特徴」5選

元ホストが激白!男に騙されやすい「痛い女」の特徴6つ

元キャバ嬢直伝!美人じゃなくても「モテる」メールテク

 

【取材協力】 

※ ベル& 舞華(まいか)・・・イマドキ女性よりも“男心”を知る新宿ニューハーフバー『ひげガール』トップキャスト。ため息が出るほどの美しさで、現在テレビや雑誌、映画と活躍の幅を広げている。共著による「モテモテニューハーフが教える、ココロもカラダも幸せになる方法!『ラブ セクササイズ』が絶賛発売中! 男性の心を揺さぶるテクニックがたっぷり収録されているので、こちらもぜひチェックしてみてください。