彼はどのタイプ?「飼っているペットで男性の性格がわかる」と判明

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存

最近、賃貸マンションでも“ペット相談可能”な物件が増えている模様ですが、独り暮らしの寂しさをペットで癒したい人が多いためかもしれませんね。

あなたの身近にもペットを飼っている男性がいないでしょうか? 実は、どんなペットを飼っているかというのは、その人の内面や性格を知るうえで大きなヒントになるようです。

そこで今回は、英語圏の情報サイト『YourTango』から、“飼っているペットでわかる性格分析法”をお届けしたいと思います。気になる男性が何かペットを飼っていたら、さっそくチェックしてみましょう!

 

■1:犬

犬を飼っている人は律儀で世話好き。というのも、他のペットなら一晩くらい世話をさぼっても大丈夫ですが、犬の場合そうはいかないからです。彼が犬の世話をちゃんと見ているなら、将来イクメンになるかもしれません。

ただ問題は、彼が毎晩、愛犬と一緒に眠るほどの犬好きだと、あなたのライバルが増えてしまうという点です。

 

■2:猫

猫を飼う人は繊細。また、猫好きは、自分のペットの写真をやたらFacebookやTwitterに投稿したがる傾向があります。もし彼が当てはまるなら、愛猫の写真を話題にすることで、彼と仲良くなれるでしょう。

泣き所は、猫がとっても寂しがり屋だという点。「猫に留守番させられない」という理由で、デートの場所がいつも彼の部屋……なんてことにもなりかねません。

 

■3:魚

魚は、犬や猫と違って抱きしめることができず、観察することしかできません。

そういう意味で、魚を飼う人は、犬党や猫党よりも、クールなところがあるといえます。あなたが恋人といちゃいちゃするのが好きなら、魚を飼う男性はちょっと冷たく感じられるかもしれません。

 

■4:オウム

オウムは抱きしめることはできないけれど、おしゃべりはできます。そういう意味で、オウムを飼う人は、犬・猫党と魚党の中間に位置すると考えられます。

なお、彼がオウムにどんな言葉を教えたのかが、彼の内面を知るヒントになるでしょう。たとえば、オウムの口癖が「カッコイイネ!」だとすれば、彼はあなたからもそう言われたくて仕方がないものと捉えることができます。

 

■5:ハムスターやフェレットなどの小動物

ハムスターやフェレットなど、カゴのなかで飼うペットを好む男性は、ちょっと支配欲が強いところがあるかもしれません。

また、フェレットをカゴから出して遊びたがる男性はかなり寂しがり屋だと見ていいでしょう。

 

■6:イグアナや蛇などの爬虫類

イグアナや蛇といった爬虫類を飼っているのは、かなり個性派。

ちなみに、『CareerBuilder』という英語圏のビジネスサイトがペットに関するアンケートを実施したところ、爬虫類を飼っている人は、他の種類のペットの飼い主よりも高収入であったとのこと。爬虫類はペットとしては珍しい部類ですから、高収入じゃないと面倒を見切れないのかもしれませんね。

 

以上、ペットでわかる性格分析をお届けしましたがいかがでしたか? もし、あなたの狙っている男性が動物好きならぜひ参考にしてみてくださいね!

 

【関連記事】

話し方で本性がマルミエ!3つの口癖でわかる性格分析

足元を見れば全てわかる?男性の「靴タイプ別」性格診断

野球派?サッカー派?好きなスポーツでわかる性格診断

手元を見れば全て分かる?男性の「鞄タイプ別」性格診断

うつ伏せor仰向けor横向き?寝相でわかる性格診断6つ

 

【参考】

9 Types Of Pets & What They Say About A Man – YourTango

CareerBuilder Survey Looks at Pet Owners and Career Paths – CareerBuilder