> > 飲み会で「お持ち帰りOK?」と誤解される女性のうっかりフレーズ5選

おすすめ記事一覧

飲み会で「お持ち帰りOK?」と誤解される女性のうっかりフレーズ5選

2013/11/26 19:00  by   | 男性心理

これから年末年始に向けて、飲み会の機会も増えますよね。

お酒の席といえば、やはり男女の仲も自然と親密になるもの。和気あいあいムードのなか、男性が隣の女性に対し「隙あらば……」という下心を抱いていることも少なくないようです。

そこで今回は、恋愛研究家・郷田ゴーさんから、飲み会で「これはお持ち帰りできるかも!」と男性に思わせてしまう隙のある女性のフレーズ5種を教えていただきました。

あなたが何気なく発したその一言、周りの男性からはとんでもない解釈がなされていることも……。

 

■1:「それ一口もらっていいですか?」

「本当に飲みたいのかもしれませんが、男は“間接キス的”なことを意識します。女性免疫のない場合、下手したらストーカー化することもあるでしょう」

なるほど「一口ちょうだい」はちょっと意味深かもしれませんね。特に、女慣れしていない男性に対しては、軽々しくお願いしないほうがよさそうです。

 

■2:「私、すぐ酔っぱらっちゃうんですよ~」

「なぜわざわざ申告するのか? それは“酔っぱらうので、飲ませてくださいね”ということなのか? それとも“酔っぱらって、隙ができるんで、好きにしてくださいね”ということなのか!?

男性の妄想力はハンパじゃないので、文脈からこんなふうにいろいろと勝手に読み取られてしまいます」

たしかに、潤んだ目でじっと見つめながら等、女性の言い方しだいでは、本当にお誘いアピールということもあるでしょう。とはいえ、多くの場合は字義通り“自分は酒に弱い”という単なる申告だったり、あるいは“これ以上酒を強要するな”という牽制だったりするだけなのに、勝手にいろいろ妄想されては困ってしまいますね。

 

■3:「じゃあ私は……赤ワインで」

「こっちが遠慮してビールとか言ってるのに、率先してワイン行くのかよと。なんのメッセージなんだと。

これに上で挙げた“私、すぐ酔っぱらっちゃうんですよ~”が加わったら、完全に“2人で2軒目行こう”と誘われるでしょう」

アルコール度数高めのものをガンガン注文する女子は、わりと“軽い、緩い”と見られやすいようです。注意しましょう。

 

■4:「じゃんじゃん飲んでくださいね」

「俺を飲ませてどうするんだ? まさか……持ち帰る気!? では遠慮なく飲もう、という考えに至ります」

これではうかつにお酒を勧めることもできませんね。くわばら、くわばら。

 

■5:「明日休みなんです」

「これはもうダイレクトですね。ということはオールナイトでいいのかと。

なんだったら、明日もひっくるめて2人でどこかに行こうということか? いやもしかしたら一緒に住みたいの!?

こんなふうに妄想はエスカレートしていきます」

“明日休み=オールナイトOK”という解釈までは理解できますが、そこから先の飛躍ぶりがすごいですね。もうちょっと刺激的なことでも言おうものなら、妄想のなかで“ふたりの子ども”まで誕生してしまうかもしれません。

 

以上、飲み会で「これはお持ち帰りかも!」と男性に思わせてしまう隙のある女性のフレーズ5種をお届けしましたがいかがでしたか?

男性の妄想力にはつくづく感心してしまいますが、もしあなたが「飲み会には積極的に参加しているのに、その後の進展がない」と悩んでいるのであれば、これらのフレーズを多用してみるというもアリかもしませんよ!

 

【関連記事】

前園も当てはまる!? 「飲酒で暴力的になる男の特徴」が判明

ケンカ売ってる?飲み会ですると「男に愛想つかされる」NG話題4つ

宴会でバレバレ!乾杯までにわかる「ダメな男を見抜く」チェック項目5つ

カレとの大事なデートで「ワインを飲み過ぎない」ためのポイント3つ

思わずドキッ!飲み会で「女性にされたら惚れちゃいそう」な行動5つ

 

【取材協力】

※ 郷田ゴー・・・ルポライター。恋愛研究家。『今さら聞けない本当の恋愛入門』(宝島SUGOI文庫)著者。裏モノJAPAN、東京グラフィティ、週刊プレイボーイ等に原稿執筆。TOKYO MX TV『5時に夢中!』2回出演。ホームページは、http://godago.lovesick.jp

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'中田綾美'の過去記事一覧