> > 彼の家でチェック!「将来性のない男の本棚」に並んでいがちな本の数々

おすすめ記事一覧

彼の家でチェック!「将来性のない男の本棚」に並んでいがちな本の数々

2013/12/05 20:00  by   | 男性心理

読書の秋も終わり、そろそろ冬も本番に突入です。読書家の『Menjoy!』読者の皆さんの本棚には、今年買い込んだ本がさぞやたくさん詰まっていることでしょう。

今回は、そんな本棚をヒントに、男性の“将来性”を見抜く方法をご紹介します。

「頭のいい人、悪い人。たくさん見てきましたが、それを見分ける試金石となるのは、やはり本棚です」と語るのは、現役東大生ライターの川上ぽこひろ氏。

さっそく、“将来性のない男の本棚”に並んでいがちな本の数々を見ていきましょう。

 

■1:集めきれていないマンガ

「もう連載終了しているはずなのに、揃いきっていないマンガが本棚に憮然と鎮座……。厳しいようですが、シリーズマンガもろくに集めきれない男性は、仕事も遊びも恋愛も、どれも中途半端になってしまいがちです。賢い人は、とにかく最後まで読んでみて、評価を下すはずです」

 

■2:偉人の自伝

「スティーブ・ジョブズはじめ、偉人の分厚い自伝を読んでいる男性は要注意です。しかも、“オレと考え方が似ている”なんてほざいていたら、もっとダメです。考えることと実行することは別物。考えてなお実行した偉人と、考えてなお実行せぬ凡人との違いを認識できないとは致命傷です」

 

■3:統一感のないファッション誌

「ジャンルのバラバラな雑誌を毎月買っている。これはつまり、自己分析が出来ていない証拠です。就活のみならず、人生において自己分析はマストですからね」

 

■4:モテ本

「モテ本を読んでいることが、もうモテない原因です。モテないからといって、王道でモテようとするのではなく、仕事などで見返し、女性のほうから言い寄ってくるようにさせるくらいの気概は持ってほしいです」

 

■5:“ありのままでいいんだよ”系の本

「こういう本を読んでいる男性は、向上心がありません。向上心とは若さであり、現状満足してしまうのは、老いです。人生の歴史は前進の歴史。現状維持は、後退なんです」

 

以上、“将来性のない男の本棚”に並んでいがちな本の数々をご紹介しましたが、いかがでしたか?カレの本棚に並んでた!とギクッとした女性は、しばらくこれらの本を隠してみるといいですよ。カレが気づかないまま2ヶ月以上経ったなら、そのまま捨ててしまってもいいかもしれません。

 

【関連記事】

※ カレがラーメン好きなら要注意!「ハゲる男の好む食べ物」5つ

※ 気になる1位は!? 高学歴男子が「付き合いたいオンナ」の出身大学ベスト5

※ うわ何この女!ラーメンデートで男子がドン引く女子のNG行動6つ

※ 一度は付き合ってみたい?東大生男子と出会える場所&方法

※ 女と生まれたからには!死ぬまでに経験したい「究極の愛」4パターン

 

【取材協力】

※ 川上ぽこひろ・・・フリーランスのライター。90年生まれ。演劇、お笑いの世界を転々とした末、今年4月、東京大学文科3類に首席合格を果たす。現在では大学生活を送る傍ら、スポニチで『抜ける着エロ』の連載などライター業を両立して活動している。ツイッターはこちら。

あわせて読みたい


最新の記事一覧

'オガワチエコ'の過去記事一覧